将来の年収にも関わる!?これからの子ども達に欠かせない「非認知能力」って何?

将来の年収にも関わる!?これからの子ども達に欠かせない「非認知能力」って何?
【非認知能力研究の専門家・中山芳一先生監修】生きていく上で大切な「非認知能力」とは?具体的にはどんな能力のことをさすのか、なぜ今この能力が必要だと言われているのかをわかりやすく解説します。
目次

「非認知能力」という言葉を聞いたことはありますか?
これからを生きる子どもたちに必要な力として注目されていますが、実際親にとっては、わかりにくくてとっつきにくい…そんな非認知能力についてわかりやすく解説します。

「非認知能力」って何?

2021年3月に「おやこのくふう」が3歳から6歳の子どもを育てる母親を対象に実施したアンケートでは、「非認知能力を知っていて意味もわかる」と回答した方は約28%「言葉自体を聞いたことがない」と回答した方が約42%と上回りました。

これからを生き抜く子どもたちに必要な力と注目されていますが、まだ幼児の親世代への認知率は低いのが現状のようです。

「非認知能力」とは点数にできない力のこと

読み書き・計算・IQ(知能指数)などの数値化=認知できる能力を「認知能力」と呼ぶのに対し、数値化=認知できない能力を「非認知能力」と呼びます。例えば、物事をやり抜く力や他者とのコミュニケーション能力、思いやりなどが含まれ、自分の力で生きていくために大切な能力です。

数値化できない力…というと無限にありますが、「自分と向き合う力」「自分を高める力」「他者とつながる力」と大きく3つの能力群に分けると理解しやすくなります。

非認知能力とは?3つの分類 【非認知能力の例】
①自分と向き合う力

  • 自制心
  • 忍耐力
  • 楽観性 など

②自分を高める力

  • 向上心
  • 意欲
  • 自信 など

③他者とつながる力

  • 協調性
  • 社交性
  • コミュニケーション力
  • おもいやり など

「認知能力」の土台になるのが「非認知能力」

認知・非認知と分類されますが、ふたつの力は対立するものではなく、認知能力を伸ばすための土台になるのが非認知能力です。

非認知能力とは?非認知能力と認知能力の関係

非認知能力が伸びていけば認知能力にもプラスの影響を与え、相互に影響し合います。そのため、幼児期に意識して非認知能力を伸ばしておくと、小学校で始まる読み書き・計算など認知能力を伸ばすための学習にスムーズに取り組めるといわれています。

「非認知能力」の存在を証明したペリーの就学前教育プログラム

非認知能力の概念が生まれるきっかけとなったのが「ペリー就学前教育プログラム(ペリー・プレスクール・プロジェクト)」です。

1962年、幼児教育を受けさせる経済的余裕がない貧困世帯の3〜4歳の未就学児123人からランダムに選ばれた58人を対象に、質の高い就学前教育を2年間実施しました。そして、この就学前教育プログラムに通わなかった子ども65人と比較する、40年に渡る追跡調査を行いました。

その結果、学校中退・留年率や大学進学率などの学業上の能力だけでなく、犯罪率・麻薬使用などの問題行動、婚姻など社会経済的な能力においても有意な差が認められたのです。

こちらが教育的効果を示すデータです。

ペリーの就学前教育プログラム_教育的効果のグラフ

就学前教育をうけた子どもは留年・休学せずに高校を卒業できた割合が20ポイントほど高く、さらに、14歳時点での基礎学力の達成率ではかなり大きな差が見られました。

一見すると「教育プログラムを受けてIQが上がったからだろう」と思えるこの結果ですが、10歳頃にはIQの差はなくなっているので、「IQでは測れない別の能力の影響があった」と考えられます。

そしてこちらが、教育プログラムを受けた子の40歳時点での経済状況を表したグラフです。

ペリーの就学前教育プログラム_40歳時点での経済効果のグラフ とくに注目すべきは所得と持ち家率で、月給2000ドル以上(2021年3月時点の日本円で約22万円)の所得がある割合、持ち家所有率で、就学前教育を受けた子とそうでない子の差は一目瞭然です。

以上のことから、「IQでは測れない別の能力」があり、その認知できない能力=非認知能力と呼ばれるようになり、その非認知能力を幼児期から伸ばすことの大切さが注目されるようになったのです。

なぜいま「非認知能力」が大切だと言われているの?

ではなぜ、いま「非認知能力」が大切だと言われているのでしょうか。
いままさに私たちが置かれているコロナ禍の状況がいい例です。2020年、未知のウイルスの蔓延により私たちの生活は一変しました。

予測不可能なことが起こりうる状況において「テストで〇〇点取れた」というような認知能力だけでは太刀打ちできません。状況を見極め課題を見つけて、自分で考えて行動すること。変化の速い、激しい時代を生き抜くために、いわゆる「非認知能力」が求められているのです。

大学入試で求められる力も非認知能力に変わってきている

実際、教育の現場でも非認知能力を重視する動きが始まっています。

大学入試では国内の大学全体の約10%が個別入試(AO入試、自己推薦入試)を採用しており、文部科学省は今後その割合を30%まで引き上げる方針です。その内容は、小論文・プレゼンテーション・グループディスカッション・面接など、就職活動と同じような内容により近づいていることがわかります。

大学入試に追随して、高校・中学・小学校入試も非認知能力を問う内容に変わっていくことが予想されます。従来の形式だけ、詰め込むだけの勉強ではなく、社会を生き抜くための力が問われ始めているのです。

***

非認知能力とは何か、またなぜこれほどまでに注目されているのかがわかりました。
次回は、「非認知能力」はどうすれば伸ばすことができるかを解説します。

line
監修者

岡山大学准教授 中山 芳一

1976年岡山県生まれ。岡山大学 全学教育・学生支援機構准教授。専門は教育方法学。大学生のためのキャリア教育に取り組むとともに、幼児から小中高学生の各世代の子どもたちが非認知的能力やメタ認知能力を向上できるように尽力している。9年間没頭した学童保育現場での実践経験から、「実践ありき」の研究をモットーにしている。『家庭、学校、職場で生かせる!自分と相手の非認知能力を伸ばすコツ』『学力テストで測れない非認知能力が子どもを伸ばす』(ともに東京書籍)ほか著書多数。最新刊は監修をつとめた『非認知能力を伸ばすおうちモンテッソーリ77のメニュー』(東京書籍)。

中山 芳一さんの記事一覧をみる
執筆者

ライター 西方 香澄

徳島で生まれ育ち、大学進学を機に神戸へ。養護教諭・児童発達支援など教育に従事したのち独学でライティングをはじめる。夫・1歳になった娘とクリエイティブな毎日をつくるため、現在デザインも勉強中。

西方 香澄さんの記事一覧をみる

おすすめ記事

人気ランキング

うちの子の年齢別情報

おやこの毎日に
役立つ情報をお届けします

facebook instagram