水遊び用オムツとは?仕組みや入手場所・余った場合の活用方法などを大特集

水遊び用オムツとは?仕組みや入手場所・余った場合の活用方法などを大特集
オムツが取れていない子どもの水遊びに活用したい水遊び用オムツ。水遊びオムツの仕組みや使い方、紙オムツタイプ・布オムツタイプの特徴、サイズや選び方のポイントを解説します。余った水遊び用オムツの活用方法も参考にしてください。
目次

こんにちは。おやこのくふうライターの西方です。
プールや海での水遊びで活用したいアイテム「水遊び用オムツ」を使ったことがありますか? 紙オムツタイプ・布オムツタイプの違いや選び方のポイントをチェックしましょう。

ママ目線で選ぶおすすめの水遊びオムツも紹介します。余った水遊び用オムツの活用方法も参考にしてください。

水遊び用オムツとは?

水遊び用オムツは子どものプールや海での水遊びに使えるオムツで、「水遊び用パンツ」「プール用オムツ」と呼ばれることもあります。

普通のオムツと違って水を吸いにくく、ふくらまないため水の中でも身動きが取りやすくなっています。また、うんち漏れを防ぐギャザーなどがついていて、水遊び中におしっこやうんちが外に漏れないような造りになっているのが特徴です。

水遊び用オムツはいつ使う?普段使いはできる?


水遊び用オムツはプールや海での水遊びに使えますが、使う際にはその場のルールを確認しましょう。プールでは「水遊び用オムツ着用OK」「水遊び用でない紙オムツでの入水不可」などと子どもの利用に関するルールが決められていることが多いです。

海はプールに比べると許容度が高くなり、多くの場合は保護者の判断で着用することになります。もちろん家での水遊びにも使えます。

日常生活での使用は想定されていないため、基本的には水遊びでのみ使用するようにしましょう。日常用とする場合、固形のうんちは受け止めてくれるのでトイトレの進み具合によっては使えるかもしれませんが、おしっこは受け止めてくれないので注意が必要です。

水遊び用オムツの種類

水遊び用オムツには、使い捨ての「紙オムツタイプ」と、繰り返し使える「布オムツタイプ」があります。それぞれの特徴を紹介します。

「紙オムツタイプ」の水遊び用オムツ

紙オムツタイプは、日常で使う紙オムツのように1回使い捨てで、パンツのように履かせたりテープでとめたりして使います。水遊びのたびに新しいものが必要ですが、使ったあとは捨てられるので荷物にならず衛生的です。

「布オムツタイプ」の水遊び用オムツ

布オムツタイプは、水着のような見た目でオムツの機能がついており、洗って繰り返し使えます。公共のプールや海でも周りの目を気にせず使いやすいでしょう。遊んだ後や水遊びの途中でも交換が必要なこともあり、持ち帰りや着脱が大変な面もあります。

水遊び用オムツのメリット・デメリット

水遊び用オムツを使うメリット・デメリットを紹介します。水遊びをするシーンやトイトレの状況に応じて、楽しく遊べるスタイルを考えましょう。

水遊び用オムツのメリット

水遊び用オムツを使うメリットとしては、水遊びのシーンの幅が広がることです。水遊び用オムツの着用が義務付けられていない場所でも、周囲の人や衛生面に配慮しながら安心して子どもを遊ばせることができます。

水遊び用オムツのデメリット

デメリットとしては、水遊び用オムツを着用しても100%安心ではないことが挙げられます。水遊びの途中でもうんちが出ていることに気づいたら着替えが必要です。また、洗い替えも含めて購入のコストがかかります。

水遊び用オムツを選ぶときのポイント

水遊び用オムツは、子どもにぴったりのサイズを選びましょう。何シーズンも使い回すことは難しいですが、大きすぎると漏れの原因になります。

また、水遊び用オムツには吸水体がついているものとついていないものがあるため、子どものトイトレの進み具合に応じて選びましょう。まだ完全にオムツが取れていない場合は吸水体がついているものがおすすめです。

水遊び用オムツはどこに売ってる?

水遊び用オムツは、西松屋やトイザらスなどの子ども用品店や、イオンやイトーヨーカドーなどの子ども用品売り場で売られています。

夏前になると水遊びコーナーが設けられることが多いです。そのほか、ドラッグストアのオムツコーナーや、Amazon・楽天のような通販でも購入できます。実店舗が売り切れの場合やシーズン外の時期はネットでの購入がおすすめです。

ママが選ぶ!おすすめ水遊び用オムツ5選

おすすめの水遊び用オムツを紹介します。子どもの年齢や水遊びのシーンに応じて選んでみてください。

ムーニー 水遊びパンツ

  • 種類    :紙製
  • 吸水体の有無:あり
  • サイズ展開 :M(体重6〜12kg)/ L(体重9kg〜14kg)/ ビッグ(体重12〜17kg)

水遊び専用の「スリム吸収体」使用で動きやすい水遊び用オムツです。脇を破って脱がすタイプなのでオムツの交換やお着替えが楽チン♪かわいいフラミンゴ柄や子供に大人気のピカチュウ柄などデザイン性が高く、そのまま履いても気になりません。

【男の子用】
Amazon購入はこちら

【女の子用】
Amazon購入はこちら

グーン スイミングパンツ

  • 種類    :紙製
  • 吸水体の有無:なし
  • サイズ展開 :M(体重6〜12kg)/ L(体重9kg〜14kg)/ ビッグ(体重12〜20kg)

薄型ですっきり着られる水遊び用オムツです。水遊びにぴったりな海の生き物のデザインやディズニーのデザインがとってもキュート♡体にぴったりフィットしてずれにくいので、安心して遊ぶことができます。

【男の子用】
Amazon購入はこちら

【女の子用】
Amazon購入はこちら

Teamoy 水遊びパンツ 2点セット

  • 種類    :布製
  • 吸水体の有無:なし
  • サイズ   :S〜Lサイズまで調整可

S〜Lサイズまで調整可能な水遊びパンツの2枚セットです。スナップボタンを使って子どもの成長にあわせて調整することができます。柄の組み合わせは17種類あり、好きなデザインを選べるのもうれしいポイント。オムツカバーとしても使用できます。

Amazon購入はこちら

Splash About オムツ機能付き 水遊び用パンツ ハッピーナッピー

  • 種類    :布製
  • 吸水体の有無:なし
  • サイズ展開 :3サイズ(L / XL / XXL)

厚さ1mmのウェットスーツ素材で、子どもの体温もキープしてくれる水遊び用パンツ。ウエスト・太ももにぴったりフィットするためうんち漏れの心配がありません。ピンク・ブルーの2色展開です。

Amazon購入はこちら

スナップボタン式 水遊びパンツ

  • 種類    :布製
  • 吸水体の有無:なし
  • サイズ展開 :4サイズ(0ヶ月〜6ヶ月 / 6ヶ月〜12ヶ月 / 1歳〜2歳 / 2歳〜3歳)

サイドのスナップボタンで着脱しやすい水遊び用パンツです。シンプルな無地の2色セットで、色の組み合わせは6通りから選べます。洗濯機で丸洗いできるのでお手入れが簡単です。

Amazon購入はこちら

余った水遊び用オムツはどうする?

サイズアウトしたりシーズンが終わったりして余った水遊び用オムツは、ぜひトイレトレーニングに活用してみてください。パンツのように履けて通常のオムツほど吸収しないので、トレーニングパンツのように使用すれば子どもは濡れた感覚がわかります。

オムツからパンツへの気持ちのハードルが高いという子どもに、パンツに移行する前のステップとして水遊び用オムツに慣れてもらうという手もあります。そのほか、フローリング掃除や生ゴミ受けとして活用する手もありますよ。

***

この夏、子どもと水遊びをしたいと思っているなら、水遊び用オムツの購入を検討してみてください♪ただし、買うのが早すぎるとサイズが合わなくなってしまう可能性もあるので、使用するときにぴったりになるようにサイズを選んでくださいね。

 ※紹介している商品は、おやこのくふうで販売しているのではなく、各サイトでの販売になります。各サイトで在庫状況などをご確認ください。

※記載の情報や価格については執筆当時のものです。価格の変更の可能性、また、送料やキャンペーン、割引、クーポン等は考慮しておりませんので、ご了承ください。

line
執筆者

ライター 西方 香澄

徳島で生まれ育ち、大学進学を機に神戸へ。養護教諭・児童発達支援など教育に従事したのち独学でライティングをはじめる。夫・1歳になった娘とクリエイティブな毎日をつくるため、現在デザインも勉強中。

西方 香澄さんの記事一覧をみる

おすすめ記事

「子どもとの暮らし」人気ランキング

うちの子の年齢別情報

おやこの毎日に
役立つ情報をお届けします

facebook instagram