子どもクッキング

3歳、4歳、5歳、6歳の幼児期における子どもクッキングについてまとめています。

料理を通して子どもが学べることは数多くあります。 ・手や指先を使うことで脳によい刺激を与える ・いろいろな食材に挑戦することで、味覚を育てる ・食材に対する愛着がわく ・彩やバランスを考える盛り付けを通して美的感覚が磨かれる ・完成までの流れを考えることで、段取り力が身につく ・化学変化を利用した工程が学びになる ・食材や料理を作る人に対しての感謝の心が育まれる など

料理は生きていくうえで生活から切り離せないもの。 幼児期の小さなころからお手伝いで料理にふれることで、料理への関心の芽を伸ばしていくことができます。

人気ランキング


おやこの毎日に
役立つ情報をお届けします

facebook instagram