「いい加減にしなさい!」と言わずに済む!幼児がスマホ動画と上手に付き合えるおすすめアプリ2選

「いい加減にしなさい!」と言わずに済む!幼児がスマホ動画と上手に付き合えるおすすめアプリ2選
現代の子育てで、どうしても避けて通れないのが「スマホ動画」との関係です。3~6歳のこの時期、見せるならきちんと時間を守って切り上げることが大切と、子どもネット研事務局の高橋大洋さんはいいます。そのために使いやすいアプリをご紹介します。
目次

【完全保存版】幼児とスマホ動画、上手に付き合うために親が注意したいこと では幼児期に親が心がけたい、スマホ動画との付き合い方をお話ししました。

その中で、子どもの遊び時間がスマホ動画での視聴で占拠されないようには、見る時間を決めて守ることの大切さをお伝えしました。

ですが、これがいちばん厄介。「やめなさい!」「いい加減にしなさい」とつい声を荒げてしまうことも多いかもしれません。

そんなときに役立つのが、「YouTube Kids」「NHKキッズ」という2つのアプリです。

YouTubeのお子さま向け「YouTube Kids」。視聴時間を管理するタイマーが便利

スマホ動画といえばYouTube。
たくさんの種類が無料で楽しめるということで、多くのご家庭で利用されていると思いますが、そのYouTubeからお子様向けアプリが開発されています。

「YouTubeキッズ」はYouTubeをフィルタして子ども向けに調整したアプリです。
また、子どもごとの個別プロフィールの作成や、視聴できるコンテンツを決定することも可能ですが、その中で注目したいのは視聴時間を管理できるタイマーです。

タイマーでは動画視聴時間を設定でき、アラートが表示され、セッションが終了するとアプリが停止されます。
「停止されたら終わりだよ」と見る前に約束してから視聴すれば、子どもも納得して終了することができますね。

YouTube Kidsについてはこちら**

3~7歳を対象にした「NHKキッズ」。視聴時間を決めてからしか使えないのが好評

「NHKキッズ」とは、「ピタゴラスイッチ」「ノージーのひらめき工房」「新・ざわざわ森のがんこちゃん」など、幼児番組、幼稚園・保育所・小学校低学年向け番組を中心に、NHK教育チャンネル「Eテレ」からセレクトされた、3歳から7歳を対象にした動画が楽しめるアプリです。

この中でうれしいのが、毎回アプリの利用時間を決めてからでないと使えない機能。
10分~60分まで10分単位で選ぶことができ、つかう時間を約束してから子どもが視聴するため、約束の大切さも学べるんです。

そのほか、アプリ起動時に目と画面の適切な距離をチェックしたり、大人が子どもにどう声かけたらいいのかの例が表示されたりの機能も。

こちらを保護者のみなさんに紹介すると、知らなかった!とってもいい!と好評なんです。ぜひみなさんもチェックしてみてくださいね。

NHKキッズはこちら**

line

おすすめ記事

人気ランキング

うちの子の年齢別情報

おやこの毎日に
役立つ情報をお届けします

facebook instagram