子育てに必要なのは「発達の順序を理解」すること!子どもと過ごす時間をおおらかな気持ちで楽しめるように

子育てに必要なのは「発達の順序を理解」すること!子どもと過ごす時間をおおらかな気持ちで楽しめるように
子どもの発達、中でも「認知発達」についての心理学的知見に基づき、映像メディアの第一線で幼児向けのコンテンツを手がけている沢井佳子氏による、子育てに悩む保護者を対象に、幼児の発達をやさしく解説する本『6歳までの子育て大全』 が発売されました。
目次

『ひらけ!ポンキッキ』の元心理学スタッフであり、幼児教育YV番組『しまじろうのわお!』を監修している沢井佳子氏。多くの幼児向け映像や本、デジタルコンテンツの開発などに携わってきた、発達心理学と視聴覚コンテンツ監修の専門家です。

その沢井佳子さんの著書「6歳までの子育て大全」(アチーブメント出版刊)がこの9月登場しました。

子育てに必要なのは、「発達の順序」についての理解

本書の最大の特徴は、『子どもの発達の順序を理解すること』にフォーカスしている点。子どもがどのように「わかる」ようになるのか、「できる」ようになるのか、がわかりやすく解説されています。

そもそも子どもの発達には、生まれつきのプログラムに導かれた順序があります。言葉の獲得、数量概念や論理の理解、社会性や情動など…「イヤ!ヤダ!」と言って、親を困らせる子どもの行動もも、考える力の発達によって、順々に引き出される行動のひとつ。そんな子どもの今の様子に心配事があったとしても、「次にどんな発達の変化が起きるか?」がわかっていれば、次を待つ余裕が生まれるというわけです。

このように、発達についての知識をもとに子どもの考え方を想像できるようになることで、SNSなどインターネット上にあふれる膨大な子育て情報に振り回されることなく、大らかな気持ちで、子どもと過ごす時間を楽しめるようになるというわけです。

また、本書では、父親の育児休業時の心がけや、周囲の大人達と協力して子育てをしてゆくコツについても解説し、具体的な子育て支援の情報も紹介。家族のおうち時間が増える今こそ、子どもの発達の変化に気づくチャンスでもあります。

6歳までの子どもの発達を理解し、どっしりとかまえた子育てをするためのヒントとして、ぜひチェックしたい一冊です。

『6歳までの子育て大全』
編著者:沢井佳子(さわい よしこ)
定価 :2,090円(税込)
発行 :アチーブメント出版株式会社
amazon購入はこちら

line

おすすめ記事

人気ランキング

うちの子の年齢別情報

おやこの毎日に
役立つ情報をお届けします

facebook instagram