運動量の低下だけじゃない!コロナ禍において子どもの約5人に1人は視力の低下を感じているとの回答が!

運動量の低下だけじゃない!コロナ禍において子どもの約5人に1人は視力の低下を感じているとの回答が!
去る10月10日は目の愛護デーでした。この日に際して、ロート製薬株式会社では全国の子どもを持つ母親を対象に「コロナ禍における子どもの目の調査」を行いました。その結果は「うちの子もそうかも!」と共感できるものばかり。その調査結果を紹介します。
目次

10月10日「目の愛護デー」に際して、ロート製薬株式会社が「コロナ禍における子どもの目の調査」を実施。コロナ禍での運動量の低下は今まで指摘されてきましたが、新たに「視力の低下」という課題が生まれているようです。

コロナ禍で子どもについて気になることは運動能力低下だけでなく、視力の低下も

コロナ禍においてお子さまについて気になることを伺ったところ、「運動能力(47.9%)」、「視力の低下(34.5%)」と続き、約3人に1人の母親が子どもの視力の低下を気にしていることがわかりました。

また新型コロナウイルス感染症の流行前、2020年1月頃と比較し、約5人に一人(18.6%)は視力が悪くなっていると診断を受けたり、感じると回答しました。さらに小学生以上の子どもを持つ方では約4人に一人(24.4%)が視力が悪くなっていると診断を受けたり、感じると回答しています。

視力低下の理由に子どもデジタル危機接触時間の長時間化がある?

さらに、2020年1月頃と比較し、デジタル機器接触時間が長くなったと回答した方は55.2%となりました。主な背景には「動画配信サービス等を見る時間が増えた(31.4%)」、「家にいる時間が増えた(30.1%)」。この辺り、「うちの子も同じ…」と共感されているかたも多いのではないでしょうか。

なお学年が上がるにつれこの傾向は顕著になり、小学生以上の子どもを持つ方は60.8%が長くなったと回答しています。

デジタル機器接触時間の長さと視力低下への感じ方に相関があると考えられます。

おうち時間が長くなるとデジタル機器との接触の可能性が高まる

コロナウイルス感染症拡大に伴い、オンライン化が進み、デジタル機器との接触の時間が拡大しつつあります。それにより、どうしても気になるのが視力の低下。その手前にあるのが「疲れ目サイン」です。まばたきが多くなった、目が充血している、目つきが悪くなったなどの様子が見られたら要注意。

動画やDVDは10分~15分ごとに休憩を入れる、遠くを見る、などの目を大切にすることを親が声をかけて、おやこで心がけていきたいですね。

■調査概要
調査名:コロナ禍における子どもの目の調査
実施企業:ロート製薬株式会社
期間:2020年10月2日(金)
対象:全国の子どもを持つ母親30・40代 539名

line

おすすめ記事

人気ランキング

うちの子の年齢別情報

おやこの毎日に
役立つ情報をお届けします

facebook instagram