連載
保育士が教える小学校入学までに身につけたいこと

【保育士に学ぶ入学前準備】うちの子、先生の話ちゃんと聞ける?チェック法と「全体指導」に耳を向けさせる声かけのコツ

【保育士に学ぶ入学前準備】うちの子、先生の話ちゃんと聞ける?チェック法と「全体指導」に耳を向けさせる声かけのコツ
保育士ライターの炭本まみさんが小学校入学までにできるようになっておきたいことを教えてくれる連載。今回は、小学校生活で毎日行われる「先生の話を聞く」について。身につけるために、幼児のうちから親がどんな関わりをしていったらよいのか、実践編です。
目次

1人1人の個性に合わせた教育や保育をしてくれた園生活。しかし小学校に入学すると、教室には入学当初こそ補助教師がいるものの、最大35人の6歳児に対して先生は1人。

決められた授業数も進めなくてはならないため、先生は、クラス全体の子どもに向ける「全体指導」と言われる方法で、連絡や指示をすることがほとんどになります。

翌日の持ち物や教室の移動先、連絡帳にメモしておくこと…など、先生のお話に意識が向けられないと、学習に遅れを取ったり学校生活につまずいてしまうことも。 では、入学までにどんなことを準備するとよいのでしょうか。

わが子の様子を客観的に観察してみよう

親はわが子のことを、意外と客観的に見てはいないもの。親との関わりでは会話も動作もしっかりしているように感じるし、生活面もある程度得自立しているなら、心配ないのでは?と思う親も多いでしょう。

子どもと親の関わりは信頼関係ができており、言葉にせずとも意外にきちんと伝わることも多いもの。そのため、親の手助けが気づかないうちに習慣化してしまっていることがあります。

まずは子どもの様子を客観的に観察したり、その年齢ならではの姿を観察したりするために、集団の中で過ごしているときのわが子をよく見てみましょう。

幼稚園や保育園の参観日での様子は?

幼稚園や保育園へ通っているのなら、参観日や園行事の時に観察するチャンスがありますよね。わが子とほかの子どもの様子を見比べてみましょう。

  • 先生がクラスの子ども全体へ声をかけている時、きちんと集中して聞いている。
  • 全体指導をした後、言われた通りの行動ができている。
  • わからなかったとき、聞き逃したとき、先生に質問をしたり他の子どもの様子を真似したりして、同じ行動ができている。

このような様子が見られれば、心配はないと言えるでしょう。

  • 先生が全体指導をしているのに聞いていない、ほかの子どもにちょっかいを出している。
  • 全体指導の後、何をして良いかわからずうろうろしている。または、何をしてよいのかわからないのにも関わらず、あまり気にせずマイペースにしている。
  • ほかの保育士や教諭に促されて次の行動へ移ることが多い。
もしもこのような姿が気になるようであれば、入学前に「全体指導」への意識づけをしておくと、小学校生活が過ごしやすくなるかもしれません。

保護者と一緒にお出かけしたときの様子は?

保育園や幼稚園など保護者から離れて過ごす時以外にも、わが子を客観的に観察できることもあります。 図書館などの読み聞かせの時間に参加したときや、イベントで何かの体験会などに参加したときなど、大勢の人を集めて進行する時間も、全体的に声をかけられる時間があるでしょう。また習い事でも、わが子の様子を観察できるかもしれません。

親とともに過ごしているため、幼稚園や保育園で過ごしている時よりもさらに、全体指導の声を聞いていなかったり、親に頼りきりだったり、集中せず好きなように動き回ることがあるかもしれません。

こんな時も、ちょっと冷静になり客観的にわが子を意識的に観察しておくことが大切です。

「全体指導」に意識を持たせる関わりとは?

もしも子どもが「全体指導」に対して意識が薄い、集中できていないと感じたとき、親にできることとはどんなことでしょう。もちろん、親だけでは難しいことも多いので、幼稚園や保育園の先生にも相談したり、協力してもらったりして、わが子に意識を持たせていきたいですね。

具体的にどのようにしたらよいのかを紹介します。

「全体指導」に気づかせる促しの声かけを!

「先生なにか言ってるね、なんて言ってるのかな?」
「いま、次はどうするって言ってた? ママにも教えて♪」
など、子どもが聞いていないかも?と感じたときは、少しずつ全体の雰囲気へ意識を向けられるように促す言葉をかけてみるとよいでしょう。

もしかしたらじつは聞いていて、理解しているかもしれません。聞いていても聞いていないように見える、聞いているのに指導の通り行動しない、したくない、できないなど、子どもの心の動きはとても複雑です。

急に全体指導に従うようにはならないもの。焦らずゆっくり、けれど、促したり声をかけたりすることを続けていきましょう。そうすることで、全体指導の場面では、そちらへ視線を向けたり、聞き耳を立てたり、その指導に従おうとするように成長していくはずです。

4歳ごろから少しずつ意識を

全体指導だと意識を向けられずまったく聞いていないお子さんや、指導は聞こえているはずなのに、その場から立ち上がってうろうろしたり、おしゃべりをしたり、友達にちょっかいを出してしまう子どももいます。

動きたい盛りの2歳~3歳児であれば、仕方のないことかもしれません。ですが、年中・年長(4歳~6歳頃)であれば、小学校入学を視野に入れた行動をできるよう、促していきたいですね。

うろうろしているお子さんのあとを追いかけて、元の場所に戻る・聞くように促すということをしないでいると、子どもの意識も成長のきっかけを失ってしまいます。

みんなどうしてるかな? 先生なんて言ってる?と意識を向けてあげましょう。

保育園・幼稚園の先生にも聞いてみて!

園でも4~5歳ころになると、先生たちも小学校入学に向け、全体指導に慣れていけるよう意識的に子どもたちに関わっていきます。もし子どものことが心配なら、保育園や幼稚園の先生にも子どもの様子を聞いたり、相談したりしてみることをおすすめします。

心配なことを打ち明けるだけで、先生は意識的に関わってくれるようになるはずです。家庭での関わりだけでは難しいことも、集団生活の中で意識した関わりをしてもらえれば、子どもは大きく成長することでしょう。

子どもの様子が心配な時は、気軽に相談してみよう

子どもの意識の問題ではなく、もしかしたら成長発達に心配があるかも…そんな風に感じる時も、保育園や幼稚園の先生に様子を聞いてみるとよいでしょう。

集団生活の中で、

  • 次への行動が遅れがち
  • 全体指導だけでは行動できず、個別の声かけが必要
  • 個別に声をかけても寄り添って一緒に動かなければ行動ができない
などの姿が見られるようであれば、児童相談所や発達センター、小児科など専門の相談機関で相談してみるのも手。

発達に心配がないようであれば、引き続き子どもの意識を高めるように声かけや促しをしていきましょう。発達の違いが見られるようであれば、専門的な働きかけや関わりが必要になります。

いずれにしても、違和感や不安がある場合は専門機関に相談することで、安心できますよ。

ただし今できなくても、入学後にぐっと成長することも!

このように話すと、とっても心配になる親御さんは多いかもしれませんね。

もちろん、クラス全体や学年全体に向けた指導のとき、注意を向けて指示を取り込む意識はとても大切です。でも入学前になかなか意識が高まらず、全体指導に意識が向かなくても、小学校へ入学し、生活に慣れてくると徐々にできるようになる子どもがほとんどというのも事実です。

保育園や幼稚園で個性に合わせた関わりは理想的ですが、残念ながら現状の小学校では同じようにいかないのが現実。心配しすぎないように、けれど、子どもの自由な動きにあわせてしまいすぎないよう、入学を意識した関わりと生活をしていきたいですね。

line
執筆者

炭本まみ

保育士として10年勤務し、今は中学生と小学生を育てるママ。未だに子育てに行き詰ることはありますが子育てのアドバイス記事を書きながら自分も振り返っています。趣味はキャンプと旅行とカメラ。アウトドア記事や旅行記事、保育士や保護者向けのコラムを執筆中。

炭本まみさんの記事一覧をみる
連載

保育士が教える小学校入学までに身につけたいこと

おすすめ記事

人気ランキング

うちの子の年齢別情報

おやこの毎日に
役立つ情報をお届けします

facebook instagram