まるで光の宝石箱♡牛乳パックで簡単に作れる「輝く箱」が美しすぎ!秋空でも寝室でも楽しみたい

まるで光の宝石箱♡牛乳パックで簡単に作れる「輝く箱」が美しすぎ!秋空でも寝室でも楽しみたい
アルミホイルや牛乳パックなど、身近な材料だけで簡単にミニステンドグラスを作る方法を紹介します!おうち時間の工作にぴったりですよ。
目次

ママライターの大石春香です!

教会などで見かけるキラキラと輝くステンドグラス。そんなステンドグラスが、100均材料と廃材で作れるとの情報をSNSでゲット!さっそく作ってみました。
ガラスやバーナーはもちろん不要。「切る」「貼る」の繰り返しだけで作れるので、子どもは指先のトレーニングにもなりますよ♪

ミニステンドグラスは家にあるものだけで作れる!

ミニステンドグラスの材料はこちら。

  • カラーセロハン
  • 牛乳パック
  • アルミホイル
  • クッキングシート
このほか、ハサミ・ものさし・セロハンテープを使います。 カラーセロハンは100円ショップなどで購入できますよ。なければ、代わりにラップを油性ペンで塗って代用できます。

ミニステンドグラスの作り方

まずは、ステンドグラスの外枠を作ります。牛乳パックをはさみで約4cm幅の筒状にカット。
空き牛乳パックの柄が気になるなら、このタイミングで筒の表裏をひっくり返しましょう。そのまま作って、最後に色紙やマスキングテープでデコレーションしてもかわいいですよ♪

次に、底をクッキングシートで覆います。

シワがあまりよらないように、ピンと張ります。 この面が正面になります。

4cm幅に折ったアルミホイルを輪っかになるよう丸めます。この輪っかは箱の中に入るだけ作ります。
ポイントは、アルミホイルのツヤツヤの面を内側にすること!光が反射しやすくなりますよ。 できあがった輪っかを箱に入れていきます。

入れ終わった状態がこちら!輪っかの太さや形はランダムでOKですが、できるだけ隙間がないよう詰めるのがポイントです。

最後にカラーセロハンをセロハンテープで貼って蓋をします。
クッキングペーパーの面と異なり、こちらは多少シワが入っても大丈夫!ところどころカラーセロハンを重ねると、透かしたときにきれいです。

これで完成です!
ミニステンドグラスの出来栄えはいかに…?

まるで「光の宝石箱」!昼間はもちろん夜も楽しめる

ミニステンドグラスを空にかざしてみると…。

きれい〜!
ただの牛乳パックがまるで「光の宝石箱」のよう♡

使ったカラーセロハンは赤・黄・青・緑の4色でしたが、重ねるように貼り合わせたので、もっとたくさんの色が浮かび上がりました。
3歳の息子に見せると、「キラキラきれい〜」「あお!みずいろ!ピンクもあった!」「宝石みたいだね〜!」と、大興奮でした!

ちなみに、寝室のLEDライトで下から照らすとこんな感じ。 太陽光にかざすのとは、また違った趣があって癒されます。

※蛍光灯のように熱を発するタイプの照明器具に直接かざすと、カラーセロハンが溶けてしまうことがあるので注意してください。

***

今回は牛乳パックで作りましたが、箱の大きさを変えて大きな作品を作ってみてもOK!家にあるものだけで簡単に作れるので、ぜひおやこでチャレンジしてみてくださいね。

line
執筆者

ライター 大石春香

乗り物大好きな男の子を子育て中。元気いっぱいの息子の行動は、予想外なことばかり。日々驚きと発見の連続です。結婚前は、子ども写真館で10年勤務していました。現在はライターとして、子育て・知育・ライフスタイルを中心にウェブメディアで記事を執筆中。

大石春香さんの記事一覧をみる

おすすめ記事

「知育・遊び」人気ランキング

うちの子の年齢別情報

おやこの毎日に
役立つ情報をお届けします

facebook instagram