【名前つけに0円救世主】洗濯タグに”ひと工夫”すればもう文字はにじまない!!

【名前つけに0円救世主】洗濯タグに”ひと工夫”すればもう文字はにじまない!!
新生活が始まり、子どもグッズへの名前つけに夜な夜な苦労しているママ・パパは多いのでは…?中でも子どもの肌着やTシャツなどの名前つけは、どうにもこうにも文字がにじんで書きにくい!とイライラしているあなたに朗報です!!
目次

先日、おやこのくふうで紹介した「春の”名前つけ地獄”から脱出したい!!100均”セリア”と”ダイソー”がやっぱりココでも大活躍♪」の記事が大ヒット。多くのママ・パパが、新生活で子どもグッズへの名前つけに苦労していることが伺えました。

洗濯タグに名前を直接かければすごい楽なのに、書きづらいし、ペンがにじむし、イライラするのが、名前つけ作業の最大難関だということが、前回の100円グッズを検証する中で明らかに。

この洗濯タグににじまないで書ければ、便利グッズに頼ることもなくなるのでは・・・と思っていた時に、SNSで話題になっていた「洗濯タグのひと工夫」すると文字がにじまないというアイデア。

え?本当なの????たったそれだけで?と疑いながら、試してみましたよ。

洗濯タグのひと工夫で本当に「文字がにじまない」!!

ジャジャーン!!
上が、ひと工夫したタグ。下は通常通りに書いたタグ。タグの素材やペンの素材はまったく同じです。

どうですか?この違い。違いがはっきりしていますよね。思わず試した本人もびっくりです!

その「ひと工夫」とは???

すいません、ちょっともったいつけてしまいました。洗濯タグを濡らし、ティッシュやタオルなどで軽く水分を取る。そしてその上から油性ペンで名前を書くというものです。

たったそれだけで、こんなに文字がにじまないなんて感動です。これなら、0円で名前つけのイライラを解消できる〜!!!

洗濯して脱水した後の服なら、ちょうどいい湿り気具合なのでそのときに名前を書いてもうまくいきました。

Twitterなどではうまくいった派にまぎれて、にじんじゃったーという派もいるようですが、ぜひ一度試してみてください。

にじまなかった時…の気持ちよさがたまらなくて、どんどん名前をつけていきたくなりますよ!

line

おすすめ記事

人気ランキング

うちの子の年齢別情報

おやこの毎日に
役立つ情報をお届けします

facebook instagram