連載
話題の育児書を読んでみた!子育てブックレビュー

数々の育児書をレビューしてきたママライターがおすすめ!「救われた!」「読んでよかった!」おすすめ育児書5選

数々の育児書をレビューしてきたママライターがおすすめ!「救われた!」「読んでよかった!」おすすめ育児書5選
「おやこのくふう」で話題の育児書や知育絵本をレビューしてきたママライターが、これまで紹介してきた中からとくにおすすめの5冊を厳選して紹介。子育ての悩みへの答えが見つかるかも!
目次

こんにちは、子育て中のライター・河瀬みことです。

これまでに「おやこのくふう」の「話題の育児書を読んでみた!子育てブックレビュー」連載でご紹介した育児書の中から、とくに読んでよかったおすすめの5冊をご紹介します。

筆者自身が、これらの本のおかげで「救われた…!」という実感を持った厳選のベスト5です!

1.やっぱり頼れるてぃ先生!"目からウロコの嵐"の育児本

1冊目は、大ベストセラーのこちら!
『子どもに伝わるスゴ技大全 カリスマ保育士てぃ先生の子育てで困ったら、これやってみ!』(ダイヤモンド社)。

著者は現役保育士のてぃ先生。この本は、本当に「目からウロコ」の嵐でした。

1ページに一つずつ、ママやパパが抱きがちな困りごとが取り上げられていて、てぃ先生がズバッと解決策を教えてくれます。その解決策が「子ども目線」で、親の自分は「なんだそういうことだったのか!」と子どもの「できない」理由に気づかされるんです。

これは、読んでよかったと心から思える育児書でした!

■書籍情報
『子どもに伝わるスゴ技大全 カリスマ保育士てぃ先生の子育てで困ったら、これやってみ!』
著者:てぃ先生
発行:ダイヤモンド社
定価:1,320円(税込)/Kindle(電子書籍)1,069円(税込)
amazon購入はこちら

▼この本の詳しいレビューはこちら!
「えっ、たったこれだけ?」子育ての悩みが簡単解決!カリスマ保育士てぃ先生のスゴ技135連発

2.これってうちのコト…?夫へのイライラ爆発中の妻たちへのバイブル

2冊目は、育児書から少しはずれますが…モヤモヤを抱えている全夫婦に読んでもらいたい、『子どもが生まれても夫を憎まずにすむ方法』(太田出版)。

ちょうどこのドキュメンタリエッセイを読んだころ、わが家の夫婦仲も最悪でした。コロナ禍という影響もあり、お互いに無理をしていてコミュニケーション崩壊…。同時に、子どもたちが敏感にわたしたちの関係を感じ取っていて、「どうにかせねば」という焦りも。

著者のジャンシー一家にわが家を重ねて、「どうしたら夫を憎まずにすむか」を探りながら読み進めた一冊。分厚いですが、解決策を追いかけながらあっという間に読破できますよ!

■書籍情報
『子どもが生まれても夫を憎まずにすむ方法』
著:ジャンシー・ダン
発行:太田出版
定価:単行本(ソフトカバー)1,980円(税込)/Kindle版(電子書籍)1,881円(税込)
amazon購入はこちら

▼この本の詳しいレビューはこちら!
夫へのイライラ爆発寸前の母たちに!話題本「子どもが生まれても夫を憎まずにすむ方法」がリアルにためになった件

3.わが子が「食べる子」に変わった!効果実感の食事声かけ本

3冊目は、『食べない子が変わる魔法の言葉』(辰巳出版)。数多くの声かけ系の本の中でも、「食事の悩み」に特化したこちらの1冊!

小食・偏食の長女、遊び食べが激しい次女を抱えて、藁をもつかむ思いで読み始めた本でしたが、ここに書いてあった「食べられない理由」「親としての心構え」に救われ、それからできる範囲で声かけを実践していったところ…そのうち自然と長女は「食べる子」に変わっていったのです。

時間をかけながらの変化ではありましたが、これには親である私たちもビックリ!この本には本当に感謝です★食事の悩みを抱えているご家庭のママ・パパにぜひ読んでもらいたい一冊です。

■書籍情報
『食べない子が変わる魔法の言葉』
著:山口健太
発行:辰巳出版
定価:本体1,540円(税込)/単行本(ソフトカバー)・Kindle版(電子書籍)1,463円(税込)
amazon購入はこちら

▼この本の詳しいレビューはこちら!
食べさせないと…のプレッシャーにサヨナラ!子どもの「食べない」に悩む全親に知ってほしい"魔法の言葉"

4.「叱る」はママの限界のサイン!ママたちの共感が詰まったコミックエッセイ

4冊目は、子育てに追われイライラしっぱなしのママたちが主人公のコミックエッセイ『子どもを叱りつける親は失格ですか?』(KADOKAWA)。

キーパーソンとなる登場人物は、教育のプロでありこの本の監修者でもある小川大介さんこと「小川さん」。「小川さん」がやさしく「ママたちのイライラの理由」を解説してくれます。そのイライラをどうしたら解放できるか、夫にわかってもらえるか…知っておきたい内容がマンガで一気に吸収できます。

コロナ禍でなかなか人に会えず、家の中のイライラを発散できずにいましたが、この本を読んで「自分と同じママたちがいる!!」と救われた、処方箋的な一冊です!

■書籍情報
『子どもを叱りつける親は失格ですか?』
著者:アベナオミ
監修:小川大介
発行:KADOKAWA
定価:本体1,320円(税込)/単行本・Kindle版(電子書籍)1,188円
amazon購入はこちら

▼この本の詳しいレビューはこちら!
【育児マンガ】子どもを怒って自己嫌悪…そんなママたちに読んでほしい!いつも他人事な夫への対処法も

5.3歳からの「性教育」。今すぐ教えなければ!の内容が盛りだくさん

最後は、ゆるかわマンガでソフトに「おうちで教える3歳からの性教育」について学べる『おうち性教育はじめます』(KADOKAWA)。

性教育という言葉に、正直「うちにはまだ早いかな」と思って読み始めたものの…「今すぐ子どもたちに教えなくては」という内容が盛りだくさん!!筆者の周りでも、この本を読んでいるご家庭が多く、やはりみんな関心が高いのだなと思いました。

プライベートパーツを大切にすること、子どもの下ネタ対処法、男親・女親ならではの気を付けるべきポイントなど、この本に書かれていることは、その後ずっとわが家でもいろんなシーンで役立っています!

子どもたちに教える前に、親が知っておきたいことがギュッと詰まった、本当にためになる一冊です。

■書籍情報
『おうち性教育はじめます』
著者:フクチマミ 村瀬幸浩
発行:KADOKAWA
定価:1,430円(税込) /Kindle版(電子書籍)1,287円(税込)
amazon購入はこちら

▼この本の詳しいレビューはこちら!
実は3歳から必要!ママ・パパも戸惑いがちな「おうち性教育」をマンガでわかりやすく!

***

育児に家事に仕事に…と忙しいと、正直なかなか本を読む時間は取れませんが、よい一冊に出会えたことで「子どもを叱る時間が減った!」「子どもに手がかからなくなった!」と毎日がスムーズになったり、気持ちの持ちようが変わって穏やかに過ごせるようになることも。

ぜひオススメしたい"読む価値アリ"のこちらの5冊!よければ手に取ってみてくださいね★

line
執筆者

ライター 河瀬 みこと

大学卒業後16年間、教育関連企業で編集・マーケティング業務を担当。第一子妊娠時に退職。その後保育士資格を取得し、起業に向けて準備中。二児の姉妹を育てながら、編集・ライター業に邁進中。

河瀬 みことさんの記事一覧をみる
連載
不定期 更新

話題の育児書を読んでみた!子育てブックレビュー

おすすめ記事

「子育てのヒント」人気ランキング

うちの子の年齢別情報

おやこの毎日に
役立つ情報をお届けします

facebook instagram