「子どもは7歳になるまで語学の天才!」英会話を幼児期から始めたほうがいい&ネイティブ講師から学んだほうがいい理由

「子どもは7歳になるまで語学の天才!」英会話を幼児期から始めたほうがいい&ネイティブ講師から学んだほうがいい理由
【リアル英会話講師が解説】英語や英会話を学ぶには幼児はちょっと早い?ネイティブ講師がいいの?それともコミュニケーションしやすい日本人?と悩みはつきませんよね。そんな英会話の習いはじめの疑問についてリアル英会話ネイティブ講師がお答えします。
目次

グローバル化がどんどん進む時代。わが子には英語を武器に生きていってほしいとおもう親御さんは少なくないのでしょうか?

でもいざ英会話を始めようと思うと、日本語もままならないのに幼児にはちょっと早い?教える先生はネイティブの方がいいの?引っ込み思案だと難しい?などいろいろ気になって躊躇してしまうことも多いですよね。

そこで、今回はそんな幼児の英会話の習いはじめの疑問について、ネイティブ講師のいる英会話教室にお話を伺いました。

英会話は何才から始めるといいの?

英会話は何才から始めるといいの?という素朴な質問については下記のような回答が集まりました。

▶「1歳~」
言葉の習得には臨界期があり、子どもは7歳になるまで語学の天才です。特に赤ちゃんの頃は使われる音を習得しようとする時期でありあらゆる言語の音を聞き分けることができます。これは大人には難しいことです。(STAPLETON英会話)

▶「3歳〜」
先生のお話をきちんと聞くことができるようになる年齢だから(Little London English)

▶「5歳~」
日本語の習得も大切なので早すぎない方が良い。(マンツーマンの個別塾 鈴木塾)

▶「3歳から小学2年生頃まで」
年齢が低い方が英語を吸収しやすく、分からない部分があっても気にせず分かった部分にフォーカスして、大まかに理解できます。但し、お子様が興味を持った時が一番良いはじめどきだと思います。年齢が上がるにつれ、間違えることを気にしたり、分からない部分にフォーカスすることも増え、日本語を介して理解しようとしてしまうので、小学2年生頃までが理想的だと思います。ただ3年生以降でも遅くありません。(東京パスポート学院)

日本語の習得の関係もあり、大体幼児期くらいからスタートさせるのがよさそうです。遅すぎるということはありませんが、年中・年長あたりからだと吸収もしやすく、子どもも英会話に興味を持ちやすいのかもしれませんね。

子どもが幼児期から英会話を始めたほうがいい理由

では幼児のころから英会話を始めたほうがいいメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

そのメリットは下記の6つと言われています。

幼児のころから英会話を始めたほうがいい理由

  1. 小さいころから始めると身構えることなく、楽しく習得できるから
  2. 小さいほうが失敗を恐れづらいので、新しい言葉や表現の獲得にチャレンジしやすいから
  3. 幼児期は真似て覚えることが得意な時期だから
  4. 意味や文法などを考えず耳で聞いたままの発音やリズムを自然に身に着けられるから
  5. 小さいころ遊びの延長で学ぶことにより、将来英語への苦手意識をもたなくなるから
  6. 英語が得意という体験を経ることで、将来英語に意欲をもって取り組めるか
  7.  

中でももっとも大きなメリットは「意味や文法などを考えず耳で聞いたままの発音やリズムを自然に身に着けられるから」を挙げる教室が多数。

さらに「英語が得意という体験を経ることで、将来英語に意欲をもって取り組めるから」というのも大きなメリットなんだとか。どれだけ幼児期に成功体験をもてるかが、今後の人生に大きく影響を与えそうですね。

幼児のころから英語に親しみをもてるよう家庭でできること

では、英会話を習い始めるにあたって家庭でどんな風に英会話に親しんでいくとよいのでしょう?

「家庭の中こそ実際の場面で英語を使うことができますから、理想的な環境です。

1.毎日のお天気や日付を英語で聞いてみる。
2.好きな英語の曲や絵本はいつでも何度でも歌ったり、読んだり楽しめます。

保護者の方やお子様が好きなものが何よりですが、絵本では"GOODNIGHT MOON"と"COUNTING KISSES"がベッドタイムストーリーにお勧めです。動画は短くかわいいお話の"Peppa Kids"がお勧めです。

絵本「GOODNIGHT MOON」

絵本「COUNTING KISSE」

3.お片付けをする時、お料理する時に関連した歌を歌ったり、英語の単語やフレーズを言ってみる」(東京パスポート学院)

なるほど!これなら英語がちょっと苦手な親でも、自然と毎日の暮らしに取り入れていけそうですね。

英会話を学ぶときネイティブ講師を選んだほうがいい理由

実際に英会話教室を習うときネイティブ講師から習ったほうがよいのでしょうか?そのメリットとはいったいどこにあるのでしょうか?

「ネイティブの正しい英語に触れられること。英語でコミュニケーションをする大切な存在として、もっと話したい、もっと理解したいと英語習得の動機付けになること。ネイティブ講師を通し、先生の出身の国のこと、そこから他の国のことや異文化へと、世界が広がっていくこと」(東京パスポート学院)

「リスニング・スピーキング力が早くつき、何よりも受け答えが早くなります」(Little London English)

「日本人だけではなく、いろいろな人とコミュニケーションを取ることは大切だから」(マンツーマンの個別塾 鈴木塾)

「発音やスピードが自然ですし、英語が母国語である国の考え方や文化も身についています」(STAPLETON英会話)

リスニング力、スピーキング力という点はもちろん、初めて出会う「異文化を背景とする外国人」として子どもにとってはとても魅力的な存在になっていくのですね!

ネイティブ講師から英会話を学べるおすすめ4選

東京パスポート学院

住所:東京都 立川市 曙町2-9-1 菊屋ビル3階
詳しくはこちら→https://sp-sukusuku.jp/kyoushitsu/s18000115607/

Little London English

住所:東京都 江戸川区 平井3-23-28-101
詳しくはこちら→https://sp-sukusuku.jp/kyoushitsu/s18000125510/

マンツーマンの個別塾 鈴木塾

住所:東京都 多摩市 馬引沢2-14-14サンセットヒルズⅡ
詳しくはこちら→https://sp-sukusuku.jp/kyoushitsu/s18000125450/

STAPLETON英会話

住所:鹿児島県 鹿児島市 中町4-2児玉第一ビル3F
詳しくはこちら→https://sp-sukusuku.jp/kyoushitsu/s19000009281/

英会話習いはじめQ&A

子どもがネイティブの先生との会話を理解できず、むしろ英語嫌いにならないでしょうか?

「講師は、子ども達が”分かった!”という体験を重ねて自信がついていくレッスンを心がけながら、教具もレッスンも準備しています。また、言われた英語がすぐに分からなくても、理解できるようヒントを出していきます。そのやりとりから、子ども達の推測する力も伸び、コミュニケーションの面白さを感じながら、成功体験を重ねていきます。」(東京パスポート学院)

「会話が理解できなくても、楽しめるレッスンを用意しております。英語のシャワーをたくさん浴びて、まずはリスニングから強化していきます。」(Little London English)

引っ込み思案のわが子。ネイティブの先生とうまくコミュニケーションが取れるでしょうか?

「コミュニケーションを取るのは日本語でも英語でも同じです。マンツーマン指導では生徒の様子を良く見ることから始めます」(マンツーマンの個別塾 鈴木塾)

「クラスルームの雰囲気は、開放的で明るく自由です。個性に合わせて、好きなことから自分のペースで学習することができます。先生たちが生徒一人一人の長所を引き出せる環境を整えれるよう心がけています」(STAPLETON英会話)

line

おすすめ記事

人気ランキング

うちの子の年齢別情報

おやこの毎日に
役立つ情報をお届けします

facebook instagram