【いまさら聞けない魅力を徹底解説】知育メリット満載!いま大人気の「マグビルド」はおうち知育にぜひ投入したいアイテム!

【いまさら聞けない魅力を徹底解説】知育メリット満載!いま大人気の「マグビルド」はおうち知育にぜひ投入したいアイテム!
「マグビルド」(KitWell)とは?「スケルトンシリーズ」「パネルシリーズ」の違いや、玉転がしが楽しめる「スロープセット」の特徴、遊び方などを紹介します。
目次

長引くおうち時間の中で、さすがに飽き飽きしてきた子どものために、何かいいアイテムを投入してみようかな…?と考えている親御さんも多いのではないでしょうか?

いま、幼児のいる家庭で絶大な人気を誇っている「マグビルド」。インスタグラムでも子どもたちの個性豊かな作品の投稿がたくさんあり、絶賛するママやパパたちの声も多数!

本当にいいの?どんなところがいいの?その人気の秘密に迫ります!

マグビルドとは?

マグビルドとは、日本の玩具メーカーKitWell(キットウェル)のマグネットブロック。磁力でくっ付く透明のプレートやフレームで立体作品を作ることができるおもちゃです。

マグビルドの種類は2タイプ。

・スケルトンシリーズ(写真右)
・パネルシリーズ(写真左)

スケルトンシリーズは、写真右のフレーム(枠)のパーツを組み合わせて立体を作るもの。「マグフォーマー」「パワークリックス」などが類似商品です。

パネルシリーズはプレートを組み合わせて立体を構成するもの。「ピタゴラス」や「マグブロック」「マグナタイル」などが類似商品にあります。

マグネットブロックのおもちゃは本当にたくさん販売されていて、「一体どれを買ったらいいの?」と迷うママやパパも多いもの。マグビルドは類似商品に比べてお手頃、磁力が強めでしっかりくっ付けて遊ぶことができるという点がじつは人気を集めている理由なんです。

また、マグビルドは日本のおもちゃメーカー「キットウェル」が製造。食品衛生法検査のほか、アメリカの玩具の安全基準(ASTM)、欧州玩具安全指令(EN71)に合格済で、プラスティック原料メーカー「東レ」の最高品質のプラスティック(ABS)を使っているとのこと。安心して子どもに与えることができるという点も支持されている理由のひとつ。

いまSNSなどで作品が多く投稿されていて、とくに人気が高いのが「パネルシリーズ」。
パネルシリーズの商品には、「ベーシックセット」と「スロープセット」があり2020年にリニューアルされました。リニューアルで登場したスロープセットは、付属のボールとスロープで”ボール転がし”を楽しむことができます。

▲パネルシリーズのスロープセット。四角や三角のパネルと、スロープ、ボールがセットになっています。窓枠のような穴があいたパネルがあるのが特徴。

マグビルド パネルシリーズ スロープセット(16種類/72ピース)
amazon購入はこちら

マグビルド パネルシリーズ ベーシックセット(10種類/70ピース)
amazon購入はこちら

「マグビルド遊び」ココがすごい!4つのおすすめポイント

マグネットブロックを使って、好きなものをワクワクしながら作り上げる過程で、子どもの想像力創造力がどんどんふくらみます。
また、いろいろな形を組み合わせて遊ぶため図形感覚を養えるほか、立体的な作品を作ることで空間認識力も身につけていくことができます。ボール転がしでうまく転がるように道を通していく過程では、ゴールに向かって道筋を立てていく論理思考力も養われます。

1人遊びにも、複数人での遊びにも向いていうおもちゃで、じっくり集中して遊ぶことができます。

1.創造性が無限に広がる!大きな作品も作ることができる

何を作るかアイデアは無限!とくに子どもにとって大作を作り上げたときの達成感はとても大きいもの。マグネットなので簡単に一部を取り外すこともでき、改良してどんどんブラッシュアップさせていけることも魅力ですね。

きょうだいで玉転がしに夢中に!

dubaiayakaさんのInstagramより

スロープ付きの立派なお城が完成!"玉の道"が大好きだというお子さんたちは、ボールを転がして大興奮だったそう。
2歳の娘さんでも簡単に組み立てられて、2人で大きな作品を組み立てられるのがいいですね。2人のこのイキイキとした表情!

キラキラ光る虹の橋ができた!

9_tomo_さんのInstagramより

パネルを追加したら、こんなに大きな虹の橋も!できた橋をミニカーが渡っています♡きょうだいで協力して大きな作品を作り上げる、それが醍醐味ともいえそうです。

2.他のおもちゃと組み合わせて遊ぶことができる!

磁力がしっかりしていて、穴が開いていないパネルが多いので、作ったものをミニカーの車庫にしたり、お人形のおうちにしたりとごっこ遊びが広がります。

道路や車庫も自由自在に♪

na0v0chiさんのInstagramより

ずっと売り切れていた念願のマグビルドが届き、床に広げて思い切り楽しんでいます!キラキラしたパネルがとってもきれいで親子で夢中になり、すぐに「パーツを買い足したい」と思ってしまったほどだそう。
息子さんはカラフルな道路やおうちをつくって、ミニカーを走らせて遊んでいます。

3.壁などにくっつけて遊ぶことができる!

マグネットなので、磁石がつくところであれば、絵を描くように平面作品を作ったり、立体作品をくっ付けて楽しむこともできます。 インテリアのちょっとしたアクセントにもなりますね!

壁面が大きな作品スペースに!

totoroさんのInstagramより

リビングの壁一面をマグネットが付くように施工したというtotoroさん宅。マグビルドを貼り付けて、壁一面がきょうだいの表現の場に!毎日、家族の目を楽しませてくれそうですね。

4.混色や透過光を楽しめる!

マグビルドのパネルは透き通っているので、違う色を貼り付ければ色が混ざりあって見え、また、部屋を暗くして作品の中に懐中電灯などを入れると…なんと光る作品に!
これは子どもたちもテンションがあがりますね。

光をよりきれいに反射させる「ダイヤモンドカットデザイン」が施されたパネルは、暗い部屋でなくても、朝日や夕日に照らされた作品がとってもきれい!とSNSでも話題になっています。

***

魅力たっぷりのマグビルド。子どもだけでなく、大人もとりこになっている家庭も多数。
まだまだ続きそうなおうち時間のお供に、ぜひ親子で楽しんでみてはいかがでしょうか。

line

おすすめ記事

人気ランキング

うちの子の年齢別情報

おやこの毎日に
役立つ情報をお届けします

facebook instagram