知っていますか?幼児期にやっておきたい「36の動き」と遊びを楽しむことの重要性

知っていますか?幼児期にやっておきたい「36の動き」と遊びを楽しむことの重要性
3歳から6歳ごろの幼児期は、体の発達の基礎作りとなるとても大切な時期。そんな時期に経験しておきたい「36の基本動作」を知っていますか?
目次

外遊びが気持ちのいい季節になりました。
コロナ禍の日常も少しずつ落ち着いて、公園など屋外でたくさん体を動かして遊べるようになりましたね。

「親が思うよりずっと大切!幼児の運動あそびは生きる力の基礎をつくるもの」では、幼児期は「遊びながらいろんな動きを経験することが、体全体がバランスよく発達していくために大切」というお話がありました。

確かに運動すればいろいろな動きができますが…
「うちの子、必要な動きを経験できているかな?」と気になったりするのが親心。その「いろんな動き」とは具体的にはどのようなものなのか、ご紹介していきます。

幼少期にやっておくべき36の基本動作とは

3歳~小学校入学前の幼児期は、いろいろな動きがどんどんできるようになる時期。
様々な動きができることに「おもしろさ」を感じ、さらにいろいろな動作をすることで動きがきれいに洗練されていく時期でもあります。

一方、人の動きは36パターンの基本動作から構成され、それを幼児期に身につけることで将来いろいろなことにチャレンジできるようになります。

そんな将来のために大切な「36の基本動作」、大きく3つに分けられます。

体のバランスをとる9つの動き

「平衡系運動」と呼ばれ、姿勢変化や平衡維持の運動です。


体を移動する9つの動き

「移動系動作」と呼ばれる、上下・水平方向の移動や回転運動です。


用具を操作する動き・力試しの18の動き

「操作系動作」と呼ばれる、モノや自分以外の他者を扱う運動です。

遊びで楽しく36の動きを経験しよう

中には、あまり経験したことがないかもという動きがあったかもしれません。

でも、子どもたちはさまざまな遊びを通してこうした動きをすでに体験していることも。
というのは、たとえば鬼ごっこには、「たつ」「あるく」「はしる」だけではく「はねる」「つかむ」の動きが含まれているなど、ふだん子どもが楽しんでいる遊びの中に、これらの動きは複合的に含まれているのです。

文部科学省の「幼児期運動指針」には、幼児が楽しんで夢中になって遊んでいるうちに多様な動きを総合的に経験できるようになるため、1つ1つの動きを意識するというよりも「さまざまが遊びをすることが重要である」と記されています。

そうやって自発的に様々な遊びを体験し、多様な動きを獲得できるようにすることが幼児にとっては大切なのです。
遊びが楽しければ、もっと他の遊びもしたい!と広がり、よりいろいろな動きを獲得していけるようになるということですね。

「この動きをやらなくちゃ」と練習させるのではなく、いろいろな遊びを楽しむうちに、自然といろいろな動きを経験できていく、ということ。
つまり、楽しく遊べる時間をたくさんとれるようにすることが大切なんですね。
親子でいろいろな遊びを楽しみましょう!

協力/ミズノ株式会社
引用/「MIZUNO KIDS 2021SS」

line

おすすめ記事

人気ランキング

うちの子の年齢別情報

おやこの毎日に
役立つ情報をお届けします

facebook instagram