切り身でない魚、子どもに見せていますか?「生き物」が「食べ物」になるまでを学ぶ写真絵本

切り身でない魚、子どもに見せていますか?「生き物」が「食べ物」になるまでを学ぶ写真絵本
2021年2月12日に発売された書籍『おすしやさんにいらっしゃい!生きものが食べものになるまで』(文:おかだだいすけ/写真:遠藤宏/岩崎書店刊)をご紹介します。
目次

肉や魚はスーパーで切り身がパックされているものを買うことが多いため、子どもはもちろん、大人も肉、魚、穀物、野菜といった食べものの命をいただいて生きていることを実感することはふだんとても少ないですよね。

子どもたちに毎日、色々なものの命をいただいて生きていることを知り、だからこそそんな自分を、より一層大切にして欲しい。そんな願いが込められた一冊を紹介します。

釣り上げた魚がさばかれ、寿司にするまでを途切れなく見せる写真絵本

著者のおかだだいすけさんは、2児の父である寿司職人。

この本の中で子どもたちが向かうのは、ちょっと変わったお寿司屋さん 。そこでは、盛を観察し、魚の特徴や部位の働きを学んでいきます。

「まずは、魚を観察してみよう」
「ベロがあるよ!」「歯はあるかな?」
「さて、魚をさばいていきます」「胃袋には何が入っているでしょうか!?」

など、お寿司屋さんと元気いっぱいにやりとりしながら、「生きもの」が「食べもの」になるまでを見守っていきます。

赤い魚「キンメダイ」、ニョロニョロしてるぞ「アナゴ」、腕がいっぱい「イカ」の全3章より構成されていて、それぞれ釣り上げた魚をさばき、お寿司になるまでを途切れなく写真で見せてくれます。

最後には、お寿司が登場して、みんなでおいしく「いただきます!」

魚がさばいていく様子は、大人も見ていて楽しいもの。

この絵本を通して普段何気なく食べている「生きもの」が私たちの体の一部になる「食べもの」になるまでを、おやこで改めて考えてみたいですね。

『おすしやさんにいらっしゃい!生きものが食べものになるまで』
文:おかだだいすけ
写真:遠藤宏
定価:1,750円(税込)
発行:岩崎書店
amazon購入はこちら

line

おすすめ記事

人気ランキング

うちの子の年齢別情報

おやこの毎日に
役立つ情報をお届けします

facebook instagram