【ミリオンセラー】数をまなぶのにもぴったり!大人気シリーズの最新作『もりの100かいだてのいえ』

【ミリオンセラー】数をまなぶのにもぴったり!大人気シリーズの最新作『もりの100かいだてのいえ』
発売後わずか10年でミリオンセラーになった、いわいとしお作『100かいだてのいえ』(偕成社刊)に始まる、人気絵本シリーズの第5弾!最新刊『もりの100かいだてのいえ』が5月21日に発売されます。
目次

100階建ての家を10階のぼるごとにページをめくるという構成で、これまで『100かいだてのいえ』(2008年)、『ちか100かいだてのいえ』(2009年)、『うみの100かいだてのいえ』(2014年)、『そらの100かいだてのいえ』(2017年)が刊行されてきました。

縦に開く楽しさと、その緻密な絵柄に「だれが住んでいるのかな?」と夢中になって読んでいるお子さんも多いのではないでしょうか?

もともとこのシリーズは、メディアアーティストとしても活躍している、いわいとしおさんが、娘さんが小学校の算数で数字を数えること、数字のくりあがりにつまずいているのをみて、構想した絵本なのです。

▲絵本作家/メディアアーティストのいわいとしおさん。

実際に「50までしか数えられなかった娘も楽しみながら100まで数えられるようになりました。」「お陰様で数をかぞえられるようになりました。」など、数字を数えられるようになった!という声も多数。

そして現在、なんと365万部を超える大人気シリーズとなっているのです。

今回4年ぶりの新刊となる第5弾の舞台は「もり」!

『もりの100かいだてのいえ』amazon購入はこちら

最新作『もりの100かいだてのいえ』はどんな内容?

最新作は、音楽大好き!なオトちゃんが主人公。ハープの練習をしていると不思議な音が聞こえてくるところから始まります。

大きな木のおうちの扉をあけると、くまさんがすんでいました。ほかにもしかさん、さるさん、かまきりさんなどたくさんの住人が。今回は「音楽」もテーマ!それぞれの生き物たちが演奏している楽器にも注目です。

いわいとしおさんは「外出もままならないこのごろですが、子どもたちがどんな世界に行けたら楽しく心休まるかを考えて描きました」とコメント。

これはさっそく、親子で読んでみたい一冊ですね!

『もりの100かいだてのいえ』
作:いわいとしお
定価:1,320円(税込)

判型:22cm×31cm

amazon購入はこちら

line

おすすめ記事

人気ランキング

うちの子の年齢別情報

おやこの毎日に
役立つ情報をお届けします

facebook instagram