【セリア知育】長引くおうち時間に「キッズブロック」がハマる!目指せ、10種類制覇(でも1100円!)

【セリア知育】長引くおうち時間に「キッズブロック」がハマる!目指せ、10種類制覇(でも1100円!)
セリアで販売されている「キッズブロック」シリーズ。対象年齢が6歳以上とちょっと高めではありますがの6歳の娘と一緒に体験することに。今回購入したのは4種類。難易度や実際遊んでみた感想を紹介します。
目次

こんにちは、2人姉妹のママの高橋ゆうです。

長引くおうち時間、さまざまな遊びを試行錯誤しながら過ごしています。わが家で登場が多いものは、やっぱり100均の工作キットやおもちゃ。

今回見つけたのは、100円ショップ「セリア」のキッズブロック!6歳の長女と一緒にチャレンジしてみました。

今回購入したのはこの4種類

セリアのキッズブロックは「どうぶつシリーズ」や「はたらくくるまシリーズ」、また「戦国武将シリーズ」などもあり、かなり種類が多いのが特長。

その中で今回購入したのはこちらの4種類。

・みんなの森 ぞうさん
・みんなの森 ふくろうさん
・はたらくくるまD ~ホイルローダー~
・はたらくバイク ~配達バイク~

難易度は「ふくろうさん」が「簡単」で、それ以外の3種類が「普通」です。

作り方が書いている説明書はこんな感じ。ほぼイラストで重ねるパーツの説明が書いてあり、こまかいポイントは文字が書かれています!

結構書いてあるポイントが重要なので、しっかり読むことが大切…!です(何度かちゃんと読まずに失敗しました。)

ブロックはお皿に出すのがおすすめ!

開封して最初の感想は「こ、細かい……!」。油断すると、どこかに飛んでいってしまいそうな小さなブロック。

各ブロックの高さは約5mm、わりと大き目のパーツでも16mm×8㎜、小さいもので4mm角のブロックもあります。大人の手だと持って重ねたり繋げたりするのがひと苦労なほどの小ささです。

ブロックの形も何種類か入っているので、始める前にお皿や紙皿に出して見やすくすることがおすすめです♡

難易度「簡単」の「ふくろうさん」と、難易度「普通」の「ぞうさん」は、6歳の娘1人で作り上げることができました♡

一方、難易度「普通」の「ホイルローダー」と「配達バイク」は、1人で作るのは難しそうでした。

同じ「普通」でも、シリーズによって難易度が違うなと感じました。ブロックを作っていくうちに慣れてきて、組み立て方のコツが掴めてくるので少しずつ難易度の高いものに挑戦していくのがいいかも♡

初めて挑戦する場合は、6歳~小学校低学年くらいまでは、難易度「簡単」から始めることがおすすめです。

完成後の達成感がすごい!

ちょっとずつ作業をして、約3日かけて4種類すべて完成!難しいところは手伝ったり、アドバイスをしたりしながらなんとか作り上げました♡

途中上手くブロックを重ねられずイライラする場面もありましたが、完成後の達成感が大きかったようで、娘は上機嫌に♡「もう1回、お手伝いなしでバイク作ってみる!」とまた最初から作り始めていました。

細かいブロックを組み立てることで、指先の器用さ、脳のトレーニングにもなりそうです。

それぞれ予備のパーツも多めに入っていて、完成後はこんなに余っていました。この余ったブロックを使って自由に組み立ても楽しめます♡


おうちで過ごすことが多い、今年の夏休み。

楽しく遊びながら、指先を使って組み立てることで脳トレにもなるセリアの「キッズブロック」は、机上作業が好きな娘にピッタリだと感じました♡

他のシリーズも追加で購入して、目指せ夏休み中に10種類!

工作やお絵描きが好きなお子さんにおすすめです!ぜひ遊んでみてくださいね♡

line
執筆者

ライター 高橋ゆう

おしゃれが大好きで心優しい姉さんと、変顔の達人でおちゃらけガールの妹のデコボコ姉妹のママです。アニメやゲームが大好きで、子どもたちと一緒に…いやそれ以上に真剣に楽しんでいるママライター。

高橋ゆうさんの記事一覧をみる

おすすめ記事

人気ランキング

うちの子の年齢別情報

おやこの毎日に
役立つ情報をお届けします

facebook instagram