子どもにとって栄養はなぜ必要?本当に必要?積極的に摂りたい食材や病気の時のレシピなどスグに役立つ1冊が話題!!

子どもにとって栄養はなぜ必要?本当に必要?積極的に摂りたい食材や病気の時のレシピなどスグに役立つ1冊が話題!!
株式会社主婦の友社から発売されている『はじめてママ&パパの子どもの栄養』がわかりやすくて便利と話題です。シリーズ累計100万部突破の人気シリーズ『はじめてママ&パパ』の最新刊について紹介します!
目次

人気の子育て本シリーズ『はじめてママ&パパ』(株式会社主婦の友社刊)の最新刊のテーマは「栄養」です。

幼児期だけでなく、小・中学生までをカバーされた内容で、栄養の基本や積極的にとりたい栄養素など、最新情報をギュギュっと凝縮!

病気のときのレシピなど、いざというときに役立つ情報もありますよ。おうちに1冊置いておくと便利な子育て本です。

栄養って、なぜ必要?

なんとなく常に気にしているママパパが多いと思いますが、そもそも栄養バランスを気にするのは、なぜだか考えたことはありますか?

日々の「コンディションを整える」ため、「ポテンシャルを伸ばす」ため、将来的には「生活習慣病にならない」ために栄養は必要なんだとか。

例えば骨に必要な栄養で考えてみましょう。

小学生後半から中学生のころ、骨量が大きく増えていき、20歳ころまでに蓄えた骨量で一生を生きていくことになるそうです。

こんなに重要な骨を丈夫にするためにカルシウムをとるなら、その吸収を助けるビタミンDやマグネシウムも欠かせない栄養素だそう。

これを知っているかどうかで、将来大きな差が出てきそうですね!

これ食べた?食べてない?を意識しよう

毎日の食事作りで多い悩みは、「ワンパターン」と「マンネリ化」ではないでしょうか。

そんなときは、たんぱく質の種類を変える、栄養素の特徴が異なる野菜を組み合わせるだけでもOKだそう。そのためにもまずは栄養素を意識することが大切です。

例えば朝食。何かと忙しい朝の食事は、手早く簡単に作りたいですよね。

栄養も気になるところですが、1日を元気にスタートするには、①炭水化物②たんぱく質③野菜・果物の3つがそろえばOK。これならラクラク実践できそうです!

子どもの体調が悪いときの食事、どうしたらいい?

かぜのひき始め、疲れぎみなど、何を食べさせていいか戸惑うことはありませんか?そんなときに便利な、子どもの体調が悪いときに使えるレシピも載っています。

また、栄養素ガイドページも大充実。

例えば「スポーツするには亜鉛が必要と聞いたけど、何を食べればいい?」というとき。亜鉛が含まれる食材や、効率よく摂取する方法などがわかりますよ。

***

この本さえあれば、子どもに必要な栄養や食事がすぐ理解できそうです。実践しやすいメニューも豊富なことが、人気の理由のひとつなのかもしれませんね。はじめての育児におすすめの1冊です。

『はじめてママ&パパの子どもの栄養』
監修:深津章子、牧野直子
定価:1,540円(税込)
仕様:A4変形176ページ
amazon購入はこちら

line
執筆者

ライター 小谷まほ

2歳のおしゃべりガールを育てるママライター。旅行会社、出版社での勤務を経て、妊娠・出産を機にwebライターに。複数のウェブメディアにて執筆中。子育ての合間に映画鑑賞をするのが趣味。

小谷まほさんの記事一覧をみる

おすすめ記事

人気ランキング

うちの子の年齢別情報

おやこの毎日に
役立つ情報をお届けします

facebook instagram