ブロックが洗濯機で丸ごと脱水までできるって本当!?いま気になる衛生対策もバッチリのドイツの知育玩具

ブロックが洗濯機で丸ごと脱水までできるって本当!?いま気になる衛生対策もバッチリのドイツの知育玩具
安心安全、かつ丸洗いできて衛生的といま注目を集めている「ポリエムブロック」。ドイツの知育玩具で、やわらかく耐久性に優れているのが特徴です。触った感触は?遊び方は?洗濯機で洗って本当に大丈夫?など、気になるポイントを、実際に遊んだおやこのレポートとあわせてご紹介します!
目次

ドイツの知育玩具「ポリエムブロック」を知っていますか?

日本の一般的なブロックに比べてやわらかく、耐久性に優れているのが特長の、欧米で高い知育効果を評価されているブロックです。
さらに、洗濯機で丸洗い・脱水できて衛生的と、コロナ禍で子どものおもちゃの衛生対策も気になる今、注目を集めています。

このポリエムブロックの特徴を、実際に遊んでみたおやこのレポートとあわせてご紹介します♪

洗濯機で丸洗いできる!ドイツの知育玩具「ポリエムブロック」って?

「ポリエムブロック」は、ドイツ生まれのやわらかくてやさしい知育玩具です。
小さい子どもにも扱いやすく、親や保育者が安心して見守れると、ドイツの90%以上の幼稚園で採用されています。日本でも徐々にその魅力が広まり、2019年には200以上の幼稚園・保育園に導入されました。そのポリエムブロックの特徴をいくつかご紹介します。

特徴1:やわらかくて安心

ポリエムブロックはぐにゃっと曲げられるほどやわらかい素材でできています。そのため万が一床に落ちているブロックを踏んでしまっても痛くありません。遊び方がわからない小さな子どもが投げてしまっても大丈夫。安心して遊びを見守ることができます。

さらにこのやわらかさゆえに、ブロック特有のガチャガチャという大きな音がしないのも特徴です。大きな音が苦手な子どもにやさしく、寝ている子を音で起こしてしまう心配もありません。

特徴2:洗えて清潔

おもちゃも衛生面が気になるこの昨今ですが、ブロックを1個ずつ拭くのはなかなか手間がかかるもの。ポリエムブロックなら洗濯機で丸洗いでき、さらに脱水まですることができます。

やわらかく丸みのある形状なので洗濯機やほかの衣類を傷つける心配がなく、洗濯ネットに入れればタオルなどの洗濯物と一緒に洗ってもOK!さらに、ポリエムブロックは水切れがよく、ブロックの内側に水滴が残りにくい仕様となっています。

特徴3:長く遊べる耐久性

ポリエムブロックは、安定性の高いポリエチレンでできています。加えて角がなくやわらかいので、衝撃に強く欠けたり破損したりしにくいんだとか。ドイツの幼稚園では30年以上使われている例もあるそうです。

100%リサイクル素材で環境にやさしいのも好まれるポイント。小さな子どもがなめても安全で、万が一誤飲しても窒息しないように設計されています。

特徴4:知育効果

子どもの創造力や発想力をひきだし、指先を使うことから知育効果の高いブロック遊び。ポリエムブロックは、小さな子どもでも持ちやすく組みやすいデザインで、長時間集中して遊ぶことができます。丸みのある形状なので、動物や食べ物など身の回りのものと結びつきやすく、より想像がふくらみます。

ブロックといえば四角く、ガチャガチャと音が鳴るものだったので、特徴を見ているとまったく新しいおもちゃにも思えますね。

続いては、このポリエムブロックで実際に遊んでみたおやこのレポートをご紹介します。

表情豊かなブロックたちの町ができた!

車や花のパーツが入ったポリエムブロック「くるまでGO!まちなみセット」(税込2750円)で、4歳のゆずなちゃんが実際に遊んでくれました。

普段はままごとやパズル、ブロックも好んでよく遊んでいるとのこと。

全50ピースのおうちや車が作れるセットです。

まずセットに付属しているお顔シールに手を伸ばしたゆずなちゃん。
ブロックに目のシールを貼りつけて、「これはあおくん」などと名前をつけて想像をふくらませていきます。ブロックを次々重ねて「これはおうち、これはね、パン屋さん!」とブロックの町を作ったようです。

「今日はお出かけの日よ〜♪」とお話しながら、たくさんのブロックを車に乗せて出発!軽い力でも組めるようで、自分で作りたいものをどんどん作って楽しんでいました。

一緒にブロックに触れたママは、「目や顔のシールがついていて、とっても可愛いです!ブロックってレゴのように固いものだという先入観がありましたが、これは軽くてやわらか!安全だなと思いました。また、おもちゃで床で遊ぶときは、フローリングに傷がつかないかちょっと気になってしまいますが、これなら大丈夫なのでうれしいですね」とのこと。

全部まとめて洗濯ネットへ!実際に洗ってみると…?

ママにおもちゃの衛生管理について伺うと、「小さい頃は口に入れていたので、1個1個拭いていましたが、大きくなった今は時間もなくそのままになってしまっています…」とのこと。
コロナ禍もあり、おもちゃを始め子どもの手に触れるものはできるだけ清潔に保っておきたいですよね。

そこで、遊んだポリエムブロックを実際に洗ってもらいました!

全部まとめて洗濯ネットに入れるだけなのでとっても簡単。
楽しく遊んだゆずなちゃんも、興味津々でネットに入れるのを手伝ってくれました。

洗う際には、ブロックに貼りつけたシールをはがす必要あるので注意してくださいね。

「タオルとか洋服とか他の洗濯物と一緒に洗っちゃいました!(笑)が、問題なかったです。洗うときの音が大きいのかな…?と思っていましたが、それほど気にならなかったです。洗濯機で脱水までかけて取り出すと、水滴残りはなく拭きとる必要はなし!ネットに入れたまま物干し用ハンガーで干しただけでOKでした!」とのこと。

「ふきとりの手間もないので普段から気になったときに洗えるし、これならお下がりであげるときにも洗って清潔にしてあげられるのでお互い安心ですね!」とママ。
安全面でも衛生面でも、安心して遊べることを実感していました。

知育にも、おやこにも、環境にもやさしいブロック

小さな子どもが遊んでも安全で、汚れが気になったら丸洗い!「こんなおもちゃが欲しかった!」という声が聞こえてきそうです。
今回体験したブロックは親にも子にもやさしく、遊んでいてストレスがない分、自由に想像力をふくらませて遊ぶことができるのではないかと思います。男女問わず楽しめるデザインで、プレゼントにもおすすめです。

子どもを思うやさしさが詰まったポリエムブロック、ぜひ遊んでみてください。

今回使ってみた商品

「くるまでGO!まちなみセット」
価格:2750円(税込)
対象年齢:1歳6か月から
ピース数:50ピース
生産国:ドイツ

楽天での購入はこちら

そのほか、お試しにぴったりの「はじめてのきほんセット」(25ピース・税込1320円)や、「あつまれ!恐竜セット」(税込6600円)、「うごく!ブルドーザーセット」(43ピース・税込2750円)などいろいろなセットが発売中。
子どもの好きなテーマを選んでみてはいかがでしょうか。

line
執筆者

ライター 西方 香澄

徳島で生まれ育ち、大学進学を機に神戸へ。養護教諭・児童発達支援など教育に従事したのち独学でライティングをはじめる。夫・1歳になった娘とクリエイティブな毎日をつくるため、現在デザインも勉強中。

西方 香澄さんの記事一覧をみる

おすすめ記事

人気ランキング

うちの子の年齢別情報

おやこの毎日に
役立つ情報をお届けします

facebook instagram