【キャンドゥ】食物アレルギーの事故予防に取り入れたい「アレルギーシール」かゆいところに手が届く商品はさすが!

【キャンドゥ】食物アレルギーの事故予防に取り入れたい「アレルギーシール」かゆいところに手が届く商品はさすが!
さまざまな便利グッズを取り扱う100円ショップのキャン★ドゥ。今回紹介するのは、食品アレルギーがあることを簡単にまわりの人に伝えられる「アレルギーシール」です。
目次

時に命に関わることもある食物アレルギー。自宅では注意していても、園や学校では事故が起きないか心配が尽きませんよね。
食物アレルギーの有無は見た目で判断するのが難しいため、アレルギーがあることを示すワッペンなどを手作りしている人もいるようです。

しかし、アイテムを手作りで用意するのはなかなか大変。そんなとき、100円ショップという身近な場所で手軽にアレルギーを伝えられるアイテムを入手できるのはありがたいですよね!

100円ショップのキャンドゥでは、食物アレルゲンをまわりの人に知らせることができる「アレルギーお知らせラベル」「アレルゲン食品シール」が販売されています。アレルギーのある子どもがいるママ・パパはぜひチェックしてみてください!

「アレルギーシール」でまわりに注意喚起!

こちらの「アレルギーお知らせラベル」はフリースペースにアレルゲンが記入でき、3種類の大きさがあるため、貼る場所によってシールを選ぶことが可能。

お名前ラベルとしても使えるため、名前とアレルゲンを記載しておけば、一目瞭然です。園の先生方にも喜ばれそうです。

もう一つの「アレルゲン食品シール」には、特定7品目のイラストとコメントのついた吹き出しシールがついています。分かりやすいイラストは、字の読めない子ども自身の食育にも最適。

2種類とも水に強い素材なので、箸ケースや弁当箱といったお弁当グッズにも安心して使用できます。

名札や連絡帳など、毎日使う身近なグッズに貼っておくのもおすすめ。食事の際に目につきやすく、事故を防ぐきっかけにもなりそうです。

もちろん2種類のシールを組み合わせて使うこともできますよ。

リュックや防災用品に貼っておくと、外出中や災害時にも役立ちますね。

***

「アレルギーお知らせラベル」「アレルゲン食品シール」を身につけておけば、手軽にまわりの人にアピールできます。とくに、まだ自分でアレルゲンを判断したり、伝えられない子どもに便利なアイテムです。もちろん大人が使ってもOK!
アレルギーがある方やアレルギーのある子どものパパやママは、キャンドゥでチェックしてみてださいね。

line
執筆者

ライター さかきひろみ

優しい小1男子とワンパクな3歳女子の4歳差兄妹を育てるママライター。大学卒業後、不動産会社で事務員として勤務したのち、出産を機に退職。現在は複数のウェブメディアにて執筆中。

さかきひろみさんの記事一覧をみる

おすすめ記事

「食・レシピ」人気ランキング

うちの子の年齢別情報

おやこの毎日に
役立つ情報をお届けします

facebook instagram