連載
モンテッソーリ教育の【敏感期】との向き合い方

「これなあに?」が爆発!2度と訪れない【言語の敏感期】を見逃がさないで!!~モンテッソーリ教育の重要キーワード~

「これなあに?」が爆発!2度と訪れない【言語の敏感期】を見逃がさないで!!~モンテッソーリ教育の重要キーワード~
【専門家が解説】いま大注目を集めているモンテッソーリ教育。そのモンテッソーリ教育の重要キーワード「敏感期」の中の3〜6歳時期に訪れる「言語の敏感期」について藤崎達宏氏に詳しく解説してもらいました。
目次

いま話題のモンテッソーリ教育。家庭でも実践したいと考えている親が増えている様子です。そのモンテッソーリ教育でもっとも重要なキーワードが「敏感期」。そして、3〜6歳の時期には、非常に重要になる5種類の敏感期が訪れるといいます。

その中の一つ「言語の敏感期」について『3〜6歳までのモンテッソーリ教育で自信とやる気を伸ばす!』の著者でもある藤崎達宏氏にモンテッソーリの敏感期について、詳しく教えてもらいました。

3歳が近づくと言葉がどっと溢れてくる「言語の敏感期」

元々「言語の敏感期」は胎児の時期、つまりお腹の中でママの声を聞いているときから始まっています。0~3歳までは子どもは「無意識的な記憶」という形で、耳にした言葉をどんどん吸収していきます。

そして3歳が近づくと吸収していっぱいになった言葉がどっとあふれでてきて、「言語の爆発期」が訪れます。

吸収し、蓄積した情報を「はっきり、くっきり、すっきり名前をつけて理解したい」という強い衝動が生まれ、「これなあに?」の連発がスタートします。

忙しい毎日に「これなあに?」を連発されると、うるさく感じるかもしれませんが、この興味をもった瞬間を大切にしてあげることが、人生において本当に重要となります。二度と訪れないまたとないチャンスを見逃がさず、わが子の語彙を爆発的に増やすお手伝いをしてあげましょう。

じつは「読む」より「書く」が先に訪れる:「文字を書く敏感期」

「これなあに?」と話すのが活発になるのと並行して「文字を書く」という強い衝動が訪れます。

「運動の敏感期」が重なることもあり、親指と人差し指、中指の3本を自由に動かしてみたいという欲求から、「書く」という動きに魅せられていくのです。3歳ごろに園で流行する「お手紙ごっこ」は、この「書く」への衝動と大きく関わっているというわけですね。

この親指、人差し指、中指は「3つの突出した脳」だと言われています。この3本の指は鉛筆で字を書くことができるようになるために必要な手指。「つまようじを穴に入れる」「針で糸を縫う」「洗濯ばさみをつまむ」「ピンセットでつまむ」「コマをまわす」といった3本の指を使った遊びを日常にうまく取り入れることで、スムーズに文字を書く行為に移行していけるのです。

環境を整えることが大切!:「文字を読む敏感期」

「文字を書く敏感期」を経て、4歳をすぎることから「文字を読む」という強い衝動が訪れます。無理に文字の読み方を教え込む必要はありません。そのために環境を整え、この敏感期の訪れを大人が見逃がさないことが大切です。

五十音表、アルファベット表、世界地図、日本地図、魚の分類表…なんでも壁に貼っておきましょう。敏感期前は素通りしているのですが、敏感期が訪れると、じっと見入ったり、指をさして色々なことを言い出します。

こうした行動がみられたら、読むための働きかけの絶好のチャンス!

たとえば、おうちで「名前貼り」をしてみませんか?

3㎝程度の白紙の短冊に、部屋の中にあるものの名前をゆっくりと、一文字ずつ書いて見せます(声にはだしません)。先端にセロハンテープをつけて、「これどこにあるかなあ?お名前貼ってきてくれる?」と子どもに尋ねます。

「いす」「つくえ」「せんたくき」…。子どもは喜んで名前を貼りに行きます。この時期の子どもは、文字を書いている動きを見ることも大好き。

そんなゲームをぜひおやこで楽しみながら取り入れてみてください。

藤崎達宏さん新著『子どもの才能を伸ばすモンテッソーリ教具100』

『子どもの才能を伸ばすモンテッソーリ教具100』藤崎達宏・伊藤あづさ共著

0~6歳までの「敏感期」。子どもの脳が飛躍的に伸びるこの時期に最適なのが、「モンテッソーリ教具」。敏感期に、どのような教具に触れるかで、子どもの脳の成長は大きく変わります!

子どもに適した教具は、自律心、集中力、やる気を育て、できた!という達成感は、自己肯定感にもつながります。その力はどんな時代も生き抜く力となるはず。本書は自宅で簡単にできる、ホームメイド・モンテッソーリの実践本です。

line
監修者

ホームメイドモンテッソーリ協会 理事長 藤崎達宏

日本モンテッソーリ教育研究所認定教師(0~3歳) 国際モンテッソーリ教育協会認定教師 (3~6歳) ホームメイドモンテッソーリ協会 理事長

外資系金融機関に20年勤務したのちに独立。自らの4人の子育て経験とモンテッソーリ教育を融合した子育てを全国で展開している。幼稚園、保育園をはじめ、全国の医師会まで、週末のほとんどが、講演と個別の子育て相談でうまる人気講師。

「モンテッソーリ教育三部作」三笠書房はシリーズ合計15万部を超えるベストセラーとなっている。 台湾、タイ、中国にて翻訳出版が行なわれている。

藤崎達宏さんの記事一覧をみる
連載

モンテッソーリ教育の【敏感期】との向き合い方

おすすめ記事

人気ランキング

うちの子の年齢別情報

おやこの毎日に
役立つ情報をお届けします

facebook instagram