【コストコから厳選】野菜をなかなか食べない…わが子の悩みにこの手があった!

【コストコから厳選】野菜をなかなか食べない…わが子の悩みにこの手があった!
【管理栄養士厳選】幼児の食の悩みで多い「野菜をなかなか食べない」。実は調理法や味付けをちょっと工夫するだけで野菜嫌いを克服できることが多いんです。今回は大人気のコストコ商品を使って野菜をたっぷり食べられるメニューをご紹介します。
目次

子どもにとって野菜はどうしても苦手なアイテム。噛み切りにくい、苦い、においが嫌だ、味が嫌だ…。子どもが野菜を食べない理由はそれぞれありますが、親としては栄養たっぷりの野菜をなんとか食べてほしいですよね。

そんな幼児の野菜克服ごはんの強い味方になってくれるのが大人気ストア「コストコ」です。 「子どもに野菜をたっぷり食べさせたい」という声に応えて、自身もコストコ大好きな管理栄養士の尾花友理さんが、コストコアイテムをセレクトしてくれました。 ***

管理栄養士の尾花友理です。

食事に関するお悩みでよくきかれるのが「どうしたら野菜を残さずに食べてくれるか」という声。

野菜はを食べない理由には、「もっと野菜を食べてほしい!」ピーマン、にんじん、きのこ…子どもが野菜を嫌いな理由にそのヒントが隠されていた!でも話した通り、「噛み切りにくい」「苦い」「においが嫌だ」など色々ありますが、調理法や味付けを工夫すれば野菜嫌いを克服できる子も多いのです。

実は大人気のコストコの商品にも野菜をたっぷり食べるための強力助っ人アイテムがたくさんあるんです!!さっそくその商品を紹介していきますね。

1.タコライス

カフェめしなどでもすっかりおなじみのタコライス。そんなタコライスを手軽に味わえる商品がこちら。

▲沖縄ホーメルタコライス(12食入り)998円

中身はタコミートとホットソースが12袋ずつ入っています。タコミートは袋のまま湯煎か耐熱容器にあけて電子レンジで温めましょう。

今回はご飯にタコミート、レタス、トマト、チーズをトッピングしました。大人は付属のホットソースをプラスしてスパイシーに。子ども向けにはホットソースなしで。なくても、辛みはないもののきちんとスパイスの香りは感じられ、しっかりタコライスを食べてる満足感あり!

これがおうちで1食100円以下(タコミートの価格)で味わえるとは、嬉しい限りです。しっかり混ぜ合わせて、コクのあるチーズとタコミートの味わいで、野菜をもりもり食べてくれますよ。

タコミートは、トマトと一緒にトーストにのせてチーズをかけても◎。

2.ビーフン

次にご紹介する商品は懐かしい方も多いかもしれません。

▲ケンミン 焼きビーフン(12食)1,098円

今回は豚バラと冷蔵庫にあった野菜(キャベツ、にんじん、ピーマン)を一緒に。作り方も超簡単。

フライパンに豚肉、ビーフン、野菜と重ね、水を注いで蒸し焼きにすること3分。ビーフンに鶏ガラしょうゆ味がついているので、味付けの必要もなし。蓋を開け、全体をなじませながら水分を飛ばして完成。

鶏ガラしょうゆ味で蒸し焼きにすることで野菜は柔らかく、うまみも染み込んでいるのでビーフンのつるつる感と一緒にとても食べやすいんです。

3.韓国のりたっぷり野菜ナムル

ぜひ幼児のいる家庭で取り入れてほしい副菜メニューがナムル。

じつはナムルは子どもに人気の野菜料理なのをご存知ですか?ごま油とうまみ調味料が野菜を食べやすくしてくれるのです。

▲韓国味付けのりフレーク(30グラム×3袋)1,498円

韓国のりがフレーク状になっています。こちらを使えば、いろんな野菜が簡単にナムルに変身するんです!

にんじん、ほうれん草、もやしの韓国のりナムル。韓国のりは既にごま油もうま味調味料も入っているので、それぞれ茹でた野菜に韓国のりフレークを和えただけ。

味をみて薄いようなら塩で調節してもOK。海藻を食べる機会がなかなかないという家庭にもおすすめです。

4.温野菜のチーズがけ

チーズ好きの子どもにおすすめの商品がこちら。

▲牧家 カンコワイヨット(110グラム×3)1,158円

北海道伊達市の牧家牧場でとれた生乳を使ったかけるチーズ。

このチーズのすごいところは、なんと冷蔵庫の温度でもとろりとしていて、マヨネーズみたいに絞れちゃうんです。

今回はレンジ加熱したブロッコリー、じゃがいもと、フライパンでソテーしたトマトにかけてみました。チーズフォンデュのようにチーズを加熱しなくても冷蔵庫から取り出してすぐに絞れるから、これは便利です。

クセもなく、塩分も少ないチーズなので、子どもにも食べやすいはず。あつあつの野菜にかけるととろ〜ととろけます。

5.野菜たっぷりスープの水餃子

野菜を食べさせるのに便利なスープ。せっかく野菜を刻んでスープを作る手間をかけるなら、今日はスープを夕飯の主役にしませんか?そこでおすすめなのがこちら。

▲BIBIGO 水餃子(800グラム)958円

韓国の大人気食品メーカーBIBIGOの肉と野菜の入った水餃子です。もう既に一度加熱がされているので、凍ったままスープに入れて煮る時間はたったの3分でOK。

同じくコストコで買った冷凍ほうれんそうと冷蔵庫にあったにんじん、まいたけを先に鶏ガラスープの素を入れたスープで煮て、最後に水餃子を入れて3分煮たら完成。

食べごたえがあって、子どもならこれでお腹いっぱいのメインに。

野菜は柔らかくなるまでしっかり煮たほうが食べやすいので、水餃子を入れる前に煮ておくのがポイントです。

***

いかがでしたか?

野菜を食べられたときには「すごいね、えらかったね!」とほめてあげてください。

子どもは野菜を食べられたと、ほめられたという経験をすることで、自信がつき段々と苦手な野菜を克服できるものです。ぜひお試しください。

※商品の価格はすべて税込み価格(2021年4月現在のもの)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

line
執筆者

管理栄養士・料理研究家 尾花 友理

給食委託会社において産業給食、保育園給食などの献立作成及び給食管理、栄養相談などを経験。料理研究家のアシスタントを経て、大手レシピサイト運営会社にてレシピ開発や動画撮影に従事後、独立。管理栄養士としての豊富な知識とリアルな生活者の気持ちや暮らしに寄り添った、取り入れやすい栄養アドバイスやレシピに定評がある。

尾花 友理さんの記事一覧をみる

おすすめ記事

人気ランキング

うちの子の年齢別情報

おやこの毎日に
役立つ情報をお届けします

facebook instagram