連載
管理栄養士おすすめ!野菜がもっと好きになるレシピ集

「もっと野菜を食べてほしい!」ピーマン、にんじん、きのこ…子どもが野菜を嫌いな理由にそのヒントが隠されていた!

「もっと野菜を食べてほしい!」ピーマン、にんじん、きのこ…子どもが野菜を嫌いな理由にそのヒントが隠されていた!
すくすく成長してほしいから、バランスのいい幼児食をもりもり食べてほしい!それは子どもをもつ親の共通の願いですよね。なのに、どうしてもぶち当たるのが「野菜がニガテ…」という壁。野菜をもっと好きになるためには、ちょっとしたコツがあるんです。
目次

子どもが野菜が苦手なのは、子どもなりに理由があります。

たとえばピーマン。あの青臭い、苦味が子どもが嫌いな理由と気づいている親は多いかもしれません。でも、子どもたちがピーマンを嫌いなのは、じつは「あのピカピカ、テカテカした緑色がいやだー」と見た目が理由だったり、「かたくて噛みにくい」と食感が理由だったりもするんです。

その理由さえわかれば、そのポイントをクリアした調理にすると食べられるのかも!さっそくチェックしてみましょう。

子どもが嫌いな野菜:ピーマン

「見た目がどうしてもイヤ!」

そんな子には見た目を変えることが一番の近道。細かく切って何かに混ぜる、パン粉や衣をつけて揚げるなどの調理法がオススメです。

「かたくて、かめない」

小さく切る、繊維を断ち切るように横に切る、くたくたに煮込むなどの調理法がオススメです。

「にがいっ!!」

苦味を感じにくくするには、油を使って炒める、焼く、揚げるなどの調理法が効果的です。

具体的におすすめのレシピなどはこちらを参考にしてくださいね。

ピーマンをおいしく食べられる子ども大好きレシピ【管理栄養士おすすめ】

ピーマンをおいしく食べられる子ども大好きレシピ【管理栄養士おすすめ】

2020.09.02

子どもが嫌いな野菜:トマト

「すっぱくてきらい!」

糖度の高いフルーツトマトなどからチャレンジしてみても。また煮込むと酸味が飛ぶのでオススメです。

「かわがかたくて食べにくい」

ちょっと面倒ですが、切り込みを入れて熱湯にくぐらせて冷水にとり、湯むきをしてあげるだけで子どもにとってはぐんと食べやすくなります

「どろっとしているところがいやだ」

種と種の周りが苦手という子は案外多いもの。スプーンなどで種の周りをすくって取り除いてあげるとよいでしょう。

具体的におすすめのレシピなどはこちらを参考にしてくださいね。

トマトをおいしく食べられる子ども大好きレシピ【管理栄養士おすすめ】

トマトをおいしく食べられる子ども大好きレシピ【管理栄養士おすすめ】

2020.09.02

子どもが嫌いな野菜:ほうれん草

「かみきれない」

なるべく短く切ること、葉の部分は幅広いため、横だけでなく縦にも包丁をいれるようにしましょう。またゆで時間を少し長めにするのも効果的です。

「にがくていやだ」

ほうれん草は炒めたり、煮たりする前にゆでて流水にさらして、えぐみの元「シュウ酸」を取り除いてから使うといいでしょう。また生食用で販売されている「サラダほうれん草」を加熱して食べるのもおすすめです。

具体的におすすめのレシピなどはこちらを参考にしてくださいね。

ほうれん草をおいしく食べられる子ども大好きレシピ【管理栄養士おすすめ】

ほうれん草をおいしく食べられる子ども大好きレシピ【管理栄養士おすすめ】

2020.09.04

子どもが嫌いな野菜:にんじん

「かみにくい」

小さめ、薄め、細めなど切り方を工夫して、しっかり加熱するようにすればかみにくい問題は解決します。

「においがへん!」

ゆでる、煮るといった調理法で、にんじん特有の青臭さは軽減することができます。

具体的におすすめのレシピなどはこちらを参考にしてくださいね。

にんじんをおいしく食べられる子ども大好きレシピ【管理栄養士おすすめ】

にんじんをおいしく食べられる子ども大好きレシピ【管理栄養士おすすめ】

2020.09.04

子どもが嫌いな野菜:きのこ

「にゅるにゅるしている」

小さく刻むのがなんといっても有効です。少々面倒ですが、きのこは刻んで小分けにれいとうしておくと凍ったまま使えるのでとても便利ですよ。

「へんなにおいがする!」

きのこの強い香り以上に強い食材や味付けでごまかすのが正解。にんにく、バター、チーズ、ケチャップ、カレー粉など、いろいろ試してみてください。

具体的におすすめのレシピなどはこちらを参考にしてくださいね。

きのこをおいしく食べられる子ども大好きレシピ【管理栄養士おすすめ】

きのこをおいしく食べられる子ども大好きレシピ【管理栄養士おすすめ】

2020.09.09




***

幼児期の子どもは環境や感情の影響をうけやすいもの。野菜をなかなか食べられなかったらベランダごはんにしてみたり、お弁当箱に詰めてみたり、シチュエーションを変えてみるのもひとつの手でしょう。

また、お友だちとなら食べられた!自分で育ててみたら食べられた!なんてことも。

おうちで食事の時間をちょっぴり楽しく演出して、少しずつ野菜と仲良くなれるといいですね。

▼管理栄養士・尾花友理さんからのメッセージ

幼児食で大切なのは「食べるって楽しい!」。イライラしたり、焦る必要はありません

幼児食で大切なのは「食べるって楽しい!」。イライラしたり、焦る必要はありません

2020.09.09

line
連載
不定期 更新

管理栄養士おすすめ!野菜がもっと好きになるレシピ集

おすすめ記事

人気ランキング

うちの子の年齢別情報

おやこの毎日に
役立つ情報をお届けします

facebook instagram