【ダイソー】夏休み後半戦…もうごはん作りたくな~い!!!管理栄養士提案の108円レトルト活用「ランチ一週間献立」

【ダイソー】夏休み後半戦…もうごはん作りたくな~い!!!管理栄養士提案の108円レトルト活用「ランチ一週間献立」
【管理栄養士が提案】もう何にも作りたくない…なんて日に役立つ、100円ショップ「ダイソー」に販売されている108円レトルト食品を使った、子どもも喜ぶ5日分の献立を紹介します。
目次

夏休みも後半戦。もうそろそろランチも作りたくなーい(もちろん、夜ごはんも)と叫びたくなる毎日ですよね。

そんな気持ちを救うために立ち上がったのが管理栄養士・尾花友理さん。

なんだかんだ出費もかさむ毎日。安くて超簡単で、子どもがパクパク食べてくれるランチ献立のアイデアをおしえてくれましたよ。

***

100円ショップ「ダイソー」のレトルト食品、みなさん食べたことありますか?

手軽においしく食べられるレトルト食品がたくさん販売されていますよね。ごはん作りのモチベーションだだ下がりの8月後半。食卓の味方にしない手はありません。

今回は中でも子どもが一緒に食べられそうな7商品を選んで、ちょっとだけひねりをくわえたアレンジレシピでの献立を考えてみました。ぜひ参考にして、夏の終わりを乗り切っていきましょう!!

▲すべて各108円(税込)

1.見た目が変われば子どもパクパク!レトルトカレーでレンチン☆ドライカレー

▲丸美屋すみっこぐらしカレー

子どもに大人気のすみっコぐらしのパッケージがかわいいレトルトカレー。子ども用に辛くない味付けになっているので、離乳食が終わった頃から食べられます。

いつもは白いご飯にかけるだけのこのカレー。たまには雰囲気を変えてドライカレー風に。

といっても、せっかくレトルトを使うのにフライパンを出すのも面倒なので、ご飯に混ぜてレンジでチンしただけ。

ゆで卵をトッピングして、野菜を添えてみました。いつものカレーライスとは雰囲気が違いますよね。

白いご飯よりも、はじめから味がついてるほうが食が進むという子も多いので、おすすめです。

2.これ、絶対おいしいやつ…!カルボナーラソースでクロックムッシュ風トースト

▲ハチ食品 たっぷりカルボナーラ

茹でたスパゲティと絡めるだけでクリーミーなカルボナーラができるパスタソース。それも100円で2〜3人前とたっぷりサイズ。

たっぷり入ってるだけに、スパゲティ以外にも活用しない手はありません。そこで、このクリーミーなソースを食パンにぬって、ピザチーズをかけてトースターで焼き上げ、クロックムッシュ風トーストにしてみました。

とろとろクリーミーな味わいがたまらな〜い。子どもウケまちがいなし。

サラダを合わせれば栄養バランスもバッチリ。6枚切りトーストなら3歳から5歳は1食あたり1/2枚位を目安にしてみてください。

3.いつものメニューが大変身♪チャーハンの素で野菜炒め

▲永谷園 五目チャーハンの素

ご飯に混ぜればチャーハンができる五目チャーハンの素。便利で常備しているご家庭も多いのではないでしょうか?

ご飯以外に混ぜて使えないものか?考えてみたところ、意外と味付けがむずかしいというお悩みの多い野菜炒めの味付けに活用してみるというアイデアがひらめき、作ってみました。

今回は冷蔵庫にあった、キャベツ、にんじん、しめじ、豚肉を炒めてみましたが、野菜炒め用のカット野菜を使えばもっとお手軽。

油で豚肉と野菜を炒め、味付けは五目チャーハンの素のみ。五目チャーハンの素には調味料以外にも、にんにくやえび、かまぼこなど色々入ってるので、味付けと同時にうまみがしっかりついて美味しく仕上がるんです。しょうゆなど液体調味料を入れるとべちゃっと水っぽく仕上がったり、なにかとむずかしい野菜炒めの味付けが、五目チャーハンの素さえあれば、ピタッと決まっちゃうんです!

野菜料理はイマイチという子どもにも、うまみたっぷりの野菜炒めなら食べやすいかも。野菜炒めはおうちの野菜室の在庫整理にもぴったり。

4.お店屋さんみたいな味わい!中華丼の素であんかけ焼きそば

▲マルハニチロ 金のどんぶり 中華丼

野菜もたっぷり入った中華丼の素。ご飯はもちろん麺類に合わせてもおいしいんです。

焼きそば麺を油でさっと炒めてお皿に盛り付け、温めた中華丼の素をたっぷりとかけてみました。緑の野菜がたりなかったので、わかめとオクラの入ったフリーズドライのスープを添えてみました。

パサパサするソース焼きそばよりもあんかけは食べやすいですよ。咀嚼ができる年齢の子どもなら、少しパリッとするまで麺を焼くとさらにおいしくなります。

5.意外!?ボンゴレパスタソースであさりパエリア風炊き込みご飯

▲ハチ食品 たっぷりあさりコンソメ

あさりの入ったコンソメ味のパスタソース。スパゲティと絡めればボンゴレビアンコになるソースです。これを使ってパエリア風炊き込みごはんに。研いだお米にパスタソースを入れ、さらに通常の水加減の線まで水を入れます。色が少しさみしいなと思い、ミックスベジタブルを入れて炊飯スタート。

パスタソースだから、もう味が完成されているので、余分な調味料なしでOK。

油も入ってるので炒めてから炊いたようなパラッとした仕上がりに。あさりのうまみもしっかりしていて、大成功。辛いものが食べられるようになってきたら、少しカレー粉を入れても◎。

6.アンパンマンは親も子も救ってくれる!ハヤシライスソースでオムハヤシ

▲永谷園 アンパンマハヤシ

アンパンマンシリーズのハヤシライスの素。大好きなアンパンマンのパッケージというだけで、子どもの食欲もアップしちゃいますよね。

今回はただ白いご飯にかけるだけじゃなく、子どもが大好きなふわとろオムライスにかけてみました。

包むオムライスはテクニックが必要で難しいですよね。ふわとろオムライスは、スクランブルエッグの要領で半熟状態で火を止めて、ご飯の上にのせるだけなので、とても簡単。またハヤシソースをかけるので、ごはんも卵も味付けなしでOK。

サラダとフルーツをワンプレートにしたら、お子様ランチみたいに仕上がりました。

ふわとろたまごとハヤシソースの組み合わせが絶妙。「また作って」とリクエストの声が聞こえてきそう。

7.野菜もいっしょにパクパク!ナポリタンソースでチキンのケチャップ炒め

▲ハチ食品 たっぷりナポリタン 

完熟トマトを煮込んだ本格ナポリタンソース。たっぷり2〜3人前あるので、こちらも全く違うメニューにアレンジ。片栗粉をつけてカリッと焼き上げた鶏肉(今回は鶏むね肉)とピーマンにナポリタンソースを絡めて、ケチャップ炒めにしてみました。

ピーマンも油でしっかり炒めれば、苦味が軽減されて食べやすくなります。甘みのあるケチャップソースがしっかり絡んで、ご飯のおかずにぴったり。今回は鶏肉をつかいましたが、たらなど白身魚を同じように焼いて作ってもおいしそう。これは色々使えそうです。

ご飯とフリーズドライのたまごスープを添えれば、夕食にもばっちりのボリュームメニューに。10分もあればで夕飯が完成しちゃいます。

***

いかがでしたか?

どのメニューもちょっぴりアレンジをしていますが、味が完成されたレトルト食品を使っているので、味つけに失敗したりなんて心配もいりません。ラクして美味しく仕上がるレトルトアレンジ。みなさんもぜひお試しください。

line
お話を伺った方

管理栄養士・料理研究家 尾花 友理

給食委託会社において産業給食、保育園給食などの献立作成及び給食管理、栄養相談などを経験。料理研究家のアシスタントを経て、大手レシピサイト運営会社にてレシピ開発や動画撮影に従事後、独立。管理栄養士としての豊富な知識とリアルな生活者の気持ちや暮らしに寄り添った、取り入れやすい栄養アドバイスやレシピに定評がある。

尾花 友理さんの記事一覧をみる

おすすめ記事

人気ランキング

うちの子の年齢別情報

おやこの毎日に
役立つ情報をお届けします

facebook instagram