運動のきほん

幼児期の運動のきほんについてまとめています。

3歳、4歳、5歳、6歳の幼児期は、運動の発達段階でいうと「走る」「飛ぶ」「投げる」のような基本的な動きがひと通りできるようになる時期。 ここから多様な動きやなめらかできれいな動きができるようになり、徐々に自分の体を自分でうまくコントロールできるようになっていきます。

幼児にとっての運動とは、自らが体を動かす楽しさや心地よさを実感できることが必要なので、「楽しく体を動かす遊び」を中心に行うことが大切です。

その際には、多様な動きが経験できるように様々な遊びを取り入れること、楽しく体を動かす時間を確保すること、発達の特性に応じた遊びを提供することが重要になってきます。 この時期にたくさん体を動かして遊ぶことで、「認知的な発達」「情緒や社会性の発達」「体力・運動能力の発達」などが相互に関係しながら発達していきます。

また、文部科学省の「幼児期運動指針」によると、 幼児は、様々な遊びを中心に、毎日、合計60分以上、楽しく体を動かすことが大切だとされています。

<年齢ごとの運動の発達の特性とその時期に経験しておきたい遊び>

【3歳から4歳ごろ】

運動の発達の特性:基本的な動きが未熟な初期の段階から、日常生活や体を使った遊びの経験をもとに、次第に上手にできるようになっていく時期。 「体のバランスをとる動き」「体を移動させる動き」「用具などを操作する動き」という多様な動きが一通りできるようになります。 心身の発達とともに、自分の動きをコントロールするようになっていく時期。

経験しておきたい遊び:屋外の固定遊具(滑り台、ブランコ、鉄棒など)や室内での巧技台やマットなどの遊具で全身を使って遊ぶこと。立つ、起きる、回るなど「体のバランスをとる動き」や歩く、走る、跳ぶなどの「体を移動させる動き」を経験できる遊びを取り入れたい。

【4歳から5歳ごろ】

運動の発達の特性:3歳から4歳ごとに経験し獲得した基本的な動きが定着し、さらに上手になっていく時期。とくに全身のバランスをとる能力が発達して、用具を操作する動きも上手になる。友達と一緒に運動することの楽しさをも見出せるように。

経験しておきたい遊び:なわ跳びやボール遊びなど、体全体でリズムをとる遊び、用具を操作する遊び

【5歳から6歳ごろ】

運動の発達の特性:無駄な動きが少なくなりより基本的な動きが上手になる。複数の動きを同時に行うような「基本的な動きの組み合わせ」ができるようになる。

経験しておきたい遊び:用具を使った複雑な動きが含まれる遊びや、様々なルールでの鬼あそびなど

*** 取材協力:中村和彦先生(山梨大学教育学部長・大学院教育学研究科長) 参考:「幼児期運動指針ガイドブック」(文部科学省) 責任編集:おやこのくふう編集部

人気ランキング


おやこの毎日に
役立つ情報をお届けします

facebook instagram