食のきほん

3~6歳の子どもにとっての「食のきほん」に関する記事をまとめています。

・食経験が少なく、味覚が未発達なこの時期は、まだ複雑な食べ物の味を十分に理解できない
・咀嚼力、のみこみ力がまだ弱い
・初めての食べ物には警戒する(特に酸味、苦味)
・自我がめざめ、好き・嫌いの自己主張をする成長過程

といった、子どもならではの特徴から、まだまだ好き嫌いも多いこの時期。たくさんの食体験によって、食への関心が高まり、苦手な食材も少しずつ減っていきます
お手伝いをする、家族やお友だちといっしょに食べる、野菜や果物を育ててみたり、収穫する…そういった体験をこの時期にたっぷりさせてあげましょう。

人気ランキング


おやこの毎日に
役立つ情報をお届けします

facebook instagram