連載
3歳からはじめる★おてつだいキッチン

【子ども料理】「卵の割り方」をマスターしたら子どもはお手伝いにもっと自信がつく!!

【子ども料理】「卵の割り方」をマスターしたら子どもはお手伝いにもっと自信がつく!!
子どもに卵の割り方をうまく教えるには?料理研究家で1児の母でもある関岡弘美さんに教えてもらいます。卵割りは2歳くらいから挑戦してみる家庭が多いようです。
目次

今回のテーマは「卵を割る」。

生卵をコンコンとぶつけてパカッと割る様子は、子どもも興味を持ちますよね。

初めてのトライは少し戸惑いますが、一度コツがわかれば次からはうまくできるようになります。ポイントは「ひびを入れる力加減」「殻を開く力加減」の2つ。

きれいに割ることができると、子どもにとってはかなりの達成感があります。卵が割れるカッコイイ自分に自信がもて、進んでお手伝いしてくれるようになりそう!

まずは失敗覚悟で、やり方を丁寧に教えて挑戦を。

今回は、割った卵で目玉焼きを作ります。

ハムエッグ

蒸し焼きで時間短縮!ふっくら仕上げます

材料(1人分)

卵…1個
ハム…1枚
ミニトマト…2~3個
塩…少々
サラダ油…小さじ1
水…大さじ2

作り方

  1. 卵を割り、器に入れる。
  2. フライパンにサラダ油を中火で熱し、ハムを入れて、器の卵を静かに乗せ、塩をふる。
  3. 白身が固まってきたら、水を入れて、ふたをし、黄身が固まるまで2~3分蒸し焼きにする。
  4. 4等分に切ったミニトマトとともに器に盛る。

まずはひびを入れてみよう

最初は卵にどれくらいの力を入れると殻が割れるのか、わからないところからのスタートです。用意するのは、卵を割り入れる器、硬くて平らな台やテーブルです。

まずは卵を手に取ってみましょう。

利き手で縦長に持ち、平らで固いところに、卵の真ん中を水平に当てます。ボウルの縁など、とがったところにぶつけると、不安定なうえ、割れたときに破片が卵の中に入ってしまうことがあるので、平らなところで割りましょう。

最初はかるめにコンコン、まだ割れないかな?と思ったらもう少し強めにコンコン、まだまだ固そうなら、それより強い力でコンコン!と少しずつ力を強くして殻を当てていきます。

ひびが入ったときには、卵の音が変わりますので、それが割れた合図です。少ししかひびが入っていないときは、もう一度当てて、もう少しひびを深く入れましょう。

ひびに指を入れて割ってみよう

ちょうどいいひびが入ったら、横長にして両手で持ちます。
ひびが入ったところを手前に向け、卵の下には受ける器を置いておきましょう。両手の親指をひびの中心に当て、かるく押し込んでから、左右にそれぞれひっぱるように広げます。

なかなか言葉で説明しても、わかりづらいこともあるので、卵に余裕があれば、まずは大人が一つ目の前で割って見せて、割れた殻をいっしょに持って、パカッと割る動作を一緒に練習してみるといいですね。

割れた卵で目玉焼きを作ろう

せっかく卵が割れたので、目玉焼きにしてみましょう。

火を使うので、基本的に大人が担当しますが、油をしくところは、火をつける前なので、お手伝いできます。

それ以降は、フライパン上が熱くなりますので、大人がやっているのを一緒に見ましょう。ハムを置いて、器から卵をそっとその上に移動させます。

今回はふたをして蒸し焼きにします。
フライパンに入れる前の卵は、黄色い卵黄、透明の卵白なのが、完成すると、うすい膜をはったクリーム色の黄身と白い白身に変身します。加熱することで卵が変化するところも、一緒に観察してみましょう

焼き上がった目玉焼きを盛り付けたら完成です!

最初はなかなかひびが入らなかったり、うまく真ん中で割れずに殻が崩れてしまったりすることもあるかもしれませんが、それも経験。

何度かやるうちに、だんだん力加減がわかってきますので、普段の料理でも卵を割るタイミングで声をかけて、そこだけお手伝いをお願いしてみるのもいいかもしれませんね。

line
執筆者

料理研究家 関岡 弘美

食育雑誌の編集に携わった後、渡仏。フランス料理、菓子、ワインを学ぶ。現在は、雑誌、テレビ、広告などを中心にレシピを提案。都内でおもてなし料理の教室を主宰。4歳の息子の子育てに奮闘中。

関岡 弘美さんの記事一覧をみる
連載
隔週土曜日 更新

3歳からはじめる★おてつだいキッチン

おすすめ記事

人気ランキング

うちの子の年齢別情報

おやこの毎日に
役立つ情報をお届けします

facebook instagram