ああ、またどなっちゃった…そんな毎日にサヨナラ!「どならない練習」をするだけで子育てはグーンと楽になる!?

ああ、またどなっちゃった…そんな毎日にサヨナラ!「どならない練習」をするだけで子育てはグーンと楽になる!?
毎日の子育ての中で、わが子に「いい加減にしなさーい!!」と怒鳴ってしまうこと、増えていませんか? そんな毎日を楽にしてくれる本が『子どもも自分もラクになる 「どならない練習」』です。
目次

何度言っても片づけない、ゲームばっかりしている、ぐずぐずと出かける準備をしない…。毎日の子育ての中で、わが子に「いい加減にしなさーい!!」と怒鳴ってしまうこと、増えていませんか?

特にコロナ禍による外出自粛でおうち時間が長くなると、コロナ疲れによるストレスもあって親も子もコミュニケーションが煮詰まってしまうことも。

そんな毎日をグーンと楽にしてくれるのが、『子どもも自分もラクになる 「どならない練習」』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。 著者の伊藤徳馬さんが児童相談所の職員や研究者らと進めてきた「子育てのコミュニケーションスキルを普及させるプロジェクト」の中で、効果がある!と好評を博している子育て練習講座「ちはっさく」を書籍化したものです。

ついどなる↔自己嫌悪の無限ループから抜け出す、具体的なヒントがいっぱい!

慌ただしい子育ての中で、子どもには優しく伝えなきゃと思いつつ、「ついどなる」→「自己嫌悪」→「ついどなる」→「自己嫌悪」の無限ループにハマってしまうことは多いもの。

この本では「こんなときどうしますか?」というクイズにひたすら答えていくうちに、自然と効果的な言い方が身についていくのが大きな特徴です。

講座「ちはっさく」は、「ほめる、待つ、かんがえさせる」などの8つの前向きな行動を、「どなる、長い説明、✖」といった8つの避けたほうがよい行動と対比させながら、楽しく練習する人気講座。神奈川県、埼玉県、鳥取県など10か所の自治体・民間団体が事業家しているものとなります。

ロールプレイングがメインの講座内容をそのまま書籍に落とし込み、「あるあるネタでわかりやすい」「シンプルなスキル」「リアルな練習」「超リアルな、どなってしまった後からの切り替え練習」といったハードルの低い、実効性の高い内容となっています。

「いい加減にしなさーい!!!」とどなることが少なくなれば、親も子も気持ちがもっと楽になりますよね。

『子どもも自分もラクになる 「どならない練習」』
刊行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
本体価格:1,500円(税抜)


著者:伊藤 徳馬(いとう とくま)
民間企業を経て、2004年に茅ヶ崎市役所に入庁。2007年から子育て相談・児童虐待担当になり、2010年に子どもへの対応方法を練習する講座を事業化。その頃から「市町村の児童虐待対応」や「簡易なペアレンティングの講座展開」あたりのお題で講座研修講師をするようになる。
現在は、福祉の総合相談や計画を担当する部署に所属。プライベートの活動で、子育てを練習する講座「ちはっさく」を一般向けに実施したり、講座を実施する仲間を増やしたりしている。

line

おすすめ記事

人気ランキング

うちの子の年齢別情報

おやこの毎日に
役立つ情報をお届けします

facebook instagram